無脊椎動物

ダイオウサソリ(オオコガネサソリ)

オオコガネサソリとは

ダイオウサソリ正面

photo by Mike Baird (flickr)

オオコガネサソリの概要

体長が20〜40cmにもなる最大種のサソリで、ダイオウサソリまたはエンペラーと呼ばれるほどに存在感が大きい。

 

性格も穏やかで毒性も弱いためペットとしてもオススメで、寿命は長くて10年ほど(ペットショップでも売られている)

 

ただ、力が強いので挟まれると強く痛み、出血する恐れがあるのて注意が必要。

 

ワシントン条約Ⅱ種で保護されているので、国外に持ち出すには「輸入許可証」「輸出許可証」などが必要になってくる。

 

体の色は黒に近い青でとてもキレイな見た目をいている。

オオコガネサソリの体形

ダイオウサソリの体の構造

出典:wikimedia.org

体の構造

  • 節足動物で体と足に多数の環節(かんせつ)がある
  • 足は8本
  • ハサミが丸くて大きいので獲物を捕獲しやすい

大きさ

  • 20〜40cm

オオコガネサソリの生態

ダイオウサソリの赤ちゃん

photo by Chandan Singh

習性

  • 昆虫類や節足動物をちぎって食べる
  • 毒針は実を守る時に使う
  • 子供を産むと背中に乗せて1週間ほど育てる

生息地

ダイオウサソリの分布図

出典:prasinos

  • アフリカ大陸中西部
  • 砂漠には生息していない模様
  • 熱帯雨林

オオコガネサソリの危険性

ダイオウサソリの太いハサミ

出典:A. C. Tatarinov

  • 尾は長くて鋭いが、毒が弱いのでさほど危険ではない
  • 本当に危険なのは大きくて太いハサミ
  • 力が強く、挟まれると皮膚を裂かれて出血することもある

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA