無脊椎動物

ヒトノミ

ヒトノミとは

ヒトノミ

出典:Katja ZSM

ヒトノミの概要

主に人に寄生するためヒトノミという名前が付けられた。

 

他にも様々な哺乳類に寄生して被害を拡大させる。

 

温帯地域などに大量発生するので注意が必要だ。

 

血を吸われる際は痛みを伴って赤く腫れ上がる。

 

そのあと痒みがともない、1ヶ月以上かゆい状態が続く場合もある。

 

吸血時にはペスト菌を媒介するので危険だ。

 

なお、吸血後は速攻で離脱する模様。

 

昔はよくペットなどの体を跳ね回っていたようだが、最近はあまりみかけない。

 

衛生環境が良くなったためか?と推察されている。

ヒトノミの体形

ヒトノミの体の構造

出典:Herms, William Brodbeck

※左がメス、右がオス

体の構造

  • オスが大きく、メスが小さい
  • 足は6本

大きさ

  • オスが2mm、メスが3mm

ヒトノミの生態

ヒトノミ分布図

出典:prasinos

生息地

  • アメリカ
  • アフリカ
  • ヨーロッパ
  • オーストラリア

習性

  • 吸血するとすぐに逃げる
  • よく飛び跳ねる
  • 哺乳類であれば見境なく取りつく

ヒトノミの危険性

  • ペストなどの感染症を媒介
  • 吸血時に痛みを伴う
  • 強い痒みを感じさせる

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA