危険な動物

ヒトジラミ

ヒトジラミとは

ヒトジラミ

出典:James Gathany, Frank Collins, Ph.D, USCDCP

ヒトジラミの概要

ヒトジラミには2種類の亜種がいて、同じ人体でも別の部位に寄生する事が分かっている。

 

この記事では、

  • アタマジラミ
  • コロモジラミ

 

この2種について、それぞれ記載していく。

アタマジラミ

アタマジラミ

出典:James Gathany, Frank Collins, Ph.D, USCDCP

学校や幼稚園などの人が集まる場所で発生する可能性が高い。

 

非常に小さいが「目視できる」レベルの大きさなので、子供が異様に頭が痒いと訴えたら、注意して見てあげてほしい。

 

成虫や卵(白っぽく1mm程度の大きさ)が見つかった場合、シラミ用殺虫剤を購入して積極的な駆除をオススメする。

 

また、他人が使ったクシやブラシなどを伝って感染するので、使い回しには注意したほうがよい。

コロモジラミ

コロモジラミ

出典:USCDCP

下着などの衣類に生息し、1日に6回ほど吸血する。

 

体の色は白なので肌着の色が白だと分かりづらいので注意したいところ。

 

吸血された場合は赤く腫れ上がり、激しいかゆみが起こる。

 

その為、掻きむしって皮膚を傷つけてしまう恐れがあるので、重症化する前に病院で治療を受けた方が良い。

 

また、コロモジラミは吸血しながら「糞」をするので、傷口から「発疹チフス」という菌に感染してしまう危険が高い。

発疹チフス

さきほど紹介したコロモジラミによって媒介される「発疹チフス」の恐ろしさについて、少し触れたいと思う。

 

発疹チフスは伝染病の1つで、リケッチアに感染している患者の血をすう事で、シラミ自身が感染して媒介する。

 

症状は高熱や赤い発疹などで、精神錯乱状態になることもある。

 

高齢になるほど致死率が高く、60歳以上になるとほぼ100%が死に至ってしまう。

ヒトジラミの体形

アタマジラミ

アタマジラミ

出典:James Gathany, Frank Collins, Ph.D, USCDCP

コロモジラミ

コロモジラミ

出典:USCDCP

体の構造

  • アタマジラミは褐色
  • コロモジラミは白色
  • 足は6本

大きさ

  • オス・・・2.3mm
  • メス・・・3.3mm

ヒトジラミの生態

オオクロヤブカ分布

出典:prasinos

生息地

  • 日本全国

習性

  • アタマと服(下着)に潜んでいる
  • 吸血しながら糞をする

ヒトジラミの危険性

コロモジラミ出典:James Gathany, Frank Collins, Ph.D, USCDCP

  • 危険な発疹チフスを媒介する
  • 1度寄生されると治療が必要
  • 激しいかゆみに襲われる
  • 吸血しながら糞をするので不衛生

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA