カブトエビ日記

カブトエビの飼育日記 3日目|カブトエビ絶望日記。カブトエビが孵化しない。こんなにも姿が見られないなんて、カブトエビは伝説上の生き物なのか?

カブトエビ日記3日目

photo by Steve Jurvetson (flickr)

卵を水に入れてから約3日が経過しました。

 

水槽の中はどうなったのでしょうか。早速みていきましょう。

水槽の中をチェック

3日も経過すれば、生物が誕生しているはずです。

 

祈りを込めて水槽の中を覗いていきます。

白い点が増えていた!

カブトエビ日記3日目

昨日は白い点が1つだけでしたが、なんと2つに増えています!

 

ついにカブトエビが誕生しています!カブトエビが我々に希望を与えてくれたのです!

 

しかも少し大きいので、注意深く観察すれば動いているはずです。早速ズームアップして見ていきましょう

希望は絶望に変わる

カブトエビ日記3日目白い点は動かない

画像では分かりにくいですが、実際にみると白い点はカブトエビの形をしていました。

 

しかし、しかしです・・・。

 

白い点は、ピクリとも動いていません。

 

カブトエビは足を動かして水中の酸素を体内に取り込んでいます。

 

動いていないということは呼吸をしていないということ。つまり・・・

 

そう、死んでいたのです。白い点は全部で2つありましたが、残りの1つは昨日の時点で全く動いていませんでした。

 

水質が悪かったのか・・・?ただ、まだ1回目なので判断がつきません。

 

卵はまだ半分残っているので、残りの卵を全部投入したうえで様子をみたいと思います。

先に水槽内の卵を回収

水槽の中をズーム

残りのカブトエビの卵を投入する前に、1回目の投入で孵化しなかった卵3つを回収します。

 

なぜかというと、カブトエビの卵が孵化するのは生きていても10〜20%くらいの確率しかなく、孵化しなかったのは運が悪かったという場合がほとんどだからです。

 

水中から回収して乾燥させてからまた投入すると、10〜20%の確率でまた孵化するチャンスが巡ってくるのです。

水中の卵の回収に成功!

カブトエビ日記3日目卵回収

スポイトを使った高等テクニックで3つの卵全てを回収しました。

 

これらをしばらく乾燥させてから、また水中に投入します。

 

どのくらい乾燥させたら良いのか調べても分からなかった為、とりあえず3日ほど乾燥させてから投入したいと思います。

残りの卵を全て投入

カブトエビ日記3日目卵全部入れる

水槽内の孵化しなかった卵を回収し終えたので、1回目の卵投入時に残しておいた残りの卵を全て投入します。

 

これで孵化したカブトエビ幼体が全滅した場合は水質に問題があると判断して環境設定からやり直しです。

卵の投入完了

カブトエビ日記3日目卵投入完了

2個しか発見できませんでしたが、もっとあるはずです。

 

今日から3日ほど様子を見たいと思います。

 

今度は幼体が死なないよう祈るばかりです。

まとめ

カブトエビの卵を投入してから3日経ち、幼体らしきものが生まれましたが、死亡していた・・・。(いや、生まれてないと思う)

 

今回はたまたま死んでしまっただけかもしれないので、卵を全部投入して様子見です。

 

今回の日記執筆時に孵化していなかった卵は回収して保存済みです。めげずにトライしていきます。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA