カブトエビ日記

カブトエビの飼育日記 6日目|カブトエビ散る。カブトエビ飼育日記終了

カブトエビ日記6日目

photo by Steve Jurvetson

カブトエビ飼育計画は残念な結果となりました。

 

今までこんな失敗は無かったはずなのに・・・。

 

最後に、水槽の中を見ていきましょう。

生物が誕生しない地獄の環境!

カブトエビ日記6日目水槽

現在の水槽

水槽全体図

以前の水槽

変わった点は、水槽の水を以前の半分以下に減らした事です。

 

説明書には付属水槽の3分の1程度まで水を入れると書いてあったので、できるだけ説明書の環境に合わせるためです。

 

しかし、水が多い状態でカブトエビの栄養素を入れたので、水質的には説明書通りにはいかないでしょう。

 

今回の失敗点は、水の量にあるのだと思います。

水槽の右側をズームアップ

カブトエビ日記6日目水槽右側ズーム

昨日に透過した「カブトエビ最終兵器」ですが、全く変化が見られません。

 

孵化してから死んでしまったなら、水質が悪いのだと断定できますが、生まれもしません。

 

運が悪かったのか、水質が悪かったのか、はたまた水量が多くて水圧が掛かりすぎたのか・・・。

水槽の左側をズームアップ

カブトエビ日記6日目水槽左側ズーム

水槽左側には、カブトエビの卵が3つほどあります。

 

赤丸の下にも卵があるように見えますが、水槽下の鏡に写っているだけで本物の卵ではありません。ややこしいですね。

 

この卵たちは、投入してから2日経過していまが、全く変化がありません。

 

カブトエビは孵化率が低いとはいえ、全滅を目の当たりにすると悲しいです。

水温も問題なし

カブトエビ日記6日目水温計

カブトエビに最適な温度は、説明書によると22〜26℃。水温計を見てみると25℃。

 

正常範囲無いです。やはり、原因として考えられるのは

  • 水槽の水が多くて水圧が多かった
  • 水質が悪すぎた

このような原因が考えられるので、次回はしっかりと説明書どおりに飼育環境を整えていきます。

まとめ

非常に残念ですが、カブトエビ飼育計画はこれにて終了でございます。

 

一週間と短い間でしたが、見ていただいてありがとうございました。

 

しかし、このままでは終われません。

 

ここでの失敗した経験を活かし、次は必ず成功させると誓います。

 

ここに「第2回カブトエビ飼育日記計画」を発令。

 

第1回カブトエビ飼育日記にがっかりした人に満足のいく未来を約束します。どうぞお楽しみに。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA