カブトエビ日記

カブトエビの飼育日記シーズン2 準備編|カブトエビの孵化に失敗したらカブトエビ卵注文カードを送付しよう

カブトエビ日記注文カード記入

悪夢のような「第1回カブトエビ飼育日記」が終了して1日が経過した今日。

 

ついに「カブトエビ飼育日記シーズン2」が開幕となりました。

 

まずは「失敗した時のリカバリ方法」をやっていきましょう。

カブトエビの卵が全滅したら再注文しよう

インターネットで調べたところ、どうやらカブトエビ卵単体での販売はおこなっていないようです。

 

では、1回失敗したら諦めるしか無い?いやいや、卵のみを注文する必要はあります。

 

具体的な注文方法を見ていきましょう。

カブトエビ注文カードに記入

カブトエビ日記シーズン2説明書

まずは説明書の裏を見ます。最後のページに

エサが不足した場合は、注文カードと代金分の切手を同封の上、下記住所の「トリオプス飼育観察セット」係までお送り下さい。注文カードが届き次第発送致します。

という説明書きがあります。「エサが不足した場合は」との事ですが、卵と栄養の再注文もできるので安心して下さい。

 

「下記住所の」にあたる部分は、注文カードの下に書いてあります。

注文カードに5項目を記入

カブトエビ日記注文カード記入

これが注文カードです。説明書にくっついているので、切り離しましょう。

  • 希望の品
  • 金額
  • ご住所
  • お名前
  • お電話番号

この5点を記入して完了です。

封筒を用意して送付先を記入

カブトエビ日記注文カード送付封筒

封筒は何でも良いので用意しましょう。その封筒へ、注文カードの下に書いてあった住所を記入します。

 

説明書には、下記住所の「トリオプス飼育観察セット係」まで送って欲しいと書いてあったので、最後に御中と書いておきましょう。

 

ちなみに、御中とは「その部署、係であれば、どなたでもかまいませんので内容を見て下さい」といった意味です。

 

左下に、入っている中身を書いておけば親切かなと思います。

封筒の裏側は?

カブトエビ日記注文カード送付封筒裏側

封筒の裏側は「封筒に不備があり、送付先へ郵送できなかった場合に参照される郵便物返却元の住所を書く欄」です。

 

郵便番号や宛名、送付先の住所等を間違えない自信があれば特に書く必要は無いでしょう。

 

万が一に不備が合った場合、中身を見られます

 

理由は、送付元の住所が書いてないかを確認し、できるだけ郵便物の持ち主に返却する為。

 

私は失敗しないので大丈夫でしょう。

(カブトエビの孵化には失敗しましたが)

 

書き終わっても封はしないでください。そのまま郵便局へ持って行きます。

郵便局へ封筒を持っていこう

記入ミス以外で失敗する点と言えば、貼り付ける切手の値段間違いです。

 

必要料金よりも高い値段の切手を貼っていれば問題ないですが、必要料金に達していない切手を貼っていれば返送元の住所に返却されます。

 

その際、封筒の裏側に自宅住所等の記入が無ければ中身を見られますので注意しましょう。

 

確実なのは、郵便局へ持って行く事。

 

郵便物の重さを計って正確に値段を調べてくれるので間違いありません。

 

郵便局のホームページに値段表があるので参考にして下さい。

 

ちなみに、この白い封筒は82円でした。切手も郵便局の方が貼ってくれるので安心です。

カブトエビ日記注文カード送付封筒

カブトエビ卵の再注文にかかる費用

  • 切手代・・・500円
  • 郵送代・・・82円

合計金額・・・582円(税込)

 

582円以外は一切かかりませんので安心して下さい。

まとめ

582円でカブトエビの飼育をやり直せるなら安いものです。

 

後は卵が到着するのを待つのみ。3日は掛かると予想しますので、それまではカブトエビ飼育日記シーズン2は更新できません。

 

楽しみにしながらお待ち下さい。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA