無脊椎動物

トラマルハナバチ

トラマルハナバチとは

トラマルハナバチ

photo by harum.koh

トラマルハナバチの概要

トラマルハナバチ説明

photo by harum.koh

トラマルハナバチは花との関わり合いが強く、トラマルハナバチの生態に併せて咲く時期を合わせて共存する花もあるほど。

 

その花を「マルハナバチ媒花」という。

 

交尾を終えた女王蜂は地中に巣を作り冬を過ごし、その際ネズミが住んでいた古巣を利用する。

 

冬を超えられるのは交尾を終えた新女王だけで、他の者たちは秋口、巣と共に崩壊。

 

トラマルハナバチは比較的おとなしい性格で、滅多に攻撃してくることはない。

 

慣れていないと怖いが、近づいてきても驚いて弾き飛ばしたり、叩いたりしないこと。

トラマルハナバチの体形

トラマルハナバチ体の構造

photo by Charlesjsharp

体の構造

  • 毛がフサフサ
  • お尻の先端が黒い
  • 全体的に体が丸い

大きさ

トラマルハナバチ大きさ

photo by Koichi Oda

  • 女王蜂・・・20〜26mm
  • 働き蜂・・・10〜16mm

トラマルハナバチの生態

トラマルハナバチ習性

photo by harum.koh

習性

  • エサは花の蜜のみ
  • 花と共存関係にある
  • 地中に巣を作る

生息地

クマバチ生息地

出典:prasinos

  • 日本全域
  • ヨーロッパ

トラマルハナバチの危険性

トラマルハナバチ危険性

photo by Jerzy Opioła

  • 刺されると痛い

毒性はなく、性格もおとなしいので危険性は低い

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA