無脊椎動物

クマバチ

クマバチとは

photo by TANAKA Juuyoh (田中十洋)

クマバチの概要

クマバチ説明

photo by TANAKA Juuyoh (田中十洋)

頭と腹が黒く、光沢があるのが特徴。

 

街などで普通に見られ、木の枝などをアゴでくり抜いて巣を作り、その中に花の蜜などを溜め込む。

 

羽音が大きいので恐怖を覚えるが、性格は穏やかで襲われる事は滅多にない。

 

不用意に巣へ近づいたり、手で追い払ったりして無闇に刺激しないこと。

 

縄張り意識が強く、昆虫や小鳥などが侵入してくると追い払うが、人間に対してはその限りではない。

 

クマバチの針は産卵管が変化したものなので、針を持つのはメスのみ。
※オスは、お尻を動かして刺すフリだけする。

 

従って、刺されないよう警戒すべきはメスのみといえる。

 

空中で停止し、ホバリングしているのはオスと判断でき、素手で捕まえても問題なし。

 

が、素人が真似をするとオスとメスを間違えて刺される恐れがあるので、オススメはしない。

クマバチの体形

クマバチ体の構造

photo by e.g. (c) OpenCage

体の構造

  • アゴが大きくて頑丈
  • 木の枝程度なら木端微塵にする
  • 体に対して羽は小さめ
  • 胸に黄色い毛がフサフサ

大きさ

クマバチ大きさ

photo by pxhere.com

  • 21〜23mm

クマバチの生態

クマバチ習性

photo by pxhere.com

習性

  • 木の枝に穴を開けて巣を作る
  • ホバリングが得意
  • 縄張りに近づくものを追いかける

生息地

オオクロヤブカ分布

出典:prasinos

  • 北海道以外

クマバチの危険性

クマバチ危険性

photo by Commonsenses~commonswiki

  • オスは針も無く危険性なし
  • メスは針を持ち刺されると痛い

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA