カブトエビ日記

カブトエビの飼育日記シーズン2 準備編|再注文していたカブトエビの卵がついに到着

カブトエビ日記シーズン2準備編5日本動物薬品株式会社から封筒が来た

日本動物薬品株式会社さんに再注文していたカブトエビの卵ですが、ようやく到着しました!この日をどれだけ待ちわびていたか・・・。

 

ここから日本動物薬品株式会社さんの所在地である東京までは片道2日かかります。

 

注文カードを発送したのが4日前の12日なので、二日後の14日に東京着、その二日後の16日にこちらへ着という流れです。

 

つまり、日本動物薬品株式会社さんは注文カードが届いて即日対応して頂いたという事。

 

ありがとう、日本動物薬品株式会社さん・・・!

 

では、さっそく開封していきます。

郵送されたカブトエビの卵を開封

カブトエビ日記シーズン2準備編5封筒の中身

中には折り畳まれた「トリオプスの育て方説明書」が入っていました。

 

ただ、思っていたよりも厚みがあります。中をバラしていきましょう。

説明書以外にも注意書きの紙が

カブトエビ日記シーズン2準備編5封筒の中身詳細

封筒に入っていた内容物

  • カブトエビの栄養
  • カブトエビの卵
  • よくある質問と回答
  • よくある質問と回答2
  • トリオプスの育て方説明書

この5つです。内容物を順番に確認していきましょう。

カブトエビの卵と栄養

カブトエビ日記シーズン2準備編5同梱されていた栄養と卵

この2つが今回最も希望していたものですね。

画像左側の「カブトエビ栄養」は、付属水槽に水量1/3程度を入れた場合に最適な量が入っています。

 

それ以上の水量を入れる時は孵化しても幼体が死んでしまう可能性が高くなるのです。

 

画面右側の「カブトエビ卵」は、この袋の中には約20個の卵が入っています。

 

カブトエビの孵化率は約20%なので、4〜5匹生まれるのがやっとという計算です。

 

よくある質問事項によると、死んだ訳ではなく生まれる機会を伺っているだけとの事ですよ。

よくある質問と回答(表)

カブトエビ日記シーズン2準備編5説明書1

注意事項(表)のまとめ

  • 水は水道水を一晩以上くみ置きする事
  • 適正温度は22〜26℃
  • 孵化まで2〜4日ほどかかる
  • 水量は付属水槽の1/3程度
  • 水換えは孵化して一週間経ってから

とのことです。ただ、水道水のカルキが抜けるのは3日ほど必要なので、全滅の危険を減らしたいのであれば3日ほどは置いたほうが良いと思われます。

よくある質問と回答(裏)

カブトエビ日記シーズン2準備編5説明書2

注意事項(裏)のまとめ

  • 水換えは1度に1/3程度にする
  • 夏は室温に注意
  • たくさん孵化したら酸素欠乏に注意
  • エサをこまめに与えること

カブトエビ豆知識

  • カブトエビの乾燥卵は数年生きる
  • カブトエビの卵の孵化率は最大20%
  • カブトエビは何でも食べ、共食いもする

よくある質問と回答2(表)

カブトエビ日記シーズン2準備編5説明書3

いろいろな注意点が書いてありますね。至れり尽くせりです。

よくある質問と回答2(裏)

カブトエビ日記シーズン2準備編5説明書4

一番下の卵のみの販売は行っていないについてですが、実は日本動物薬品株式会社さんは1度だけ有料でカブトエビの卵と栄養を分け与えてくれます。

 

これにも失敗するともう後はありません。緊張感がありますね。

 

ちなみに、これまでご紹介してきた「よくある質問と回答」シリーズは、日本動物薬品株式会社さんのホームページに掲載されていますので、詳しく見たい方は参考にして下さい。

封筒に同梱されていた説明書

カブトエビ日記シーズン2準備編5説明書5

カブトエビ飼育セットを購入した時の説明書と、今回郵送頂いた説明書の違いは、右下の注文カードの有無です。

 

真っ白ですね、もう卵のみの再注文はできません。

 

日本動物薬品株式会社さんは、カブトエビの卵をインターネットでは販売しておらず、注文カードを郵送することが唯一の卵再購入方法です。

 

つまり、「次はないぞ、大切に扱え」という日本動物薬品株式会社さんの無言の圧力という訳です。気合が入ります・・・!

栄養と卵を水槽に投入

カブトエビ日記シーズン2準備編5水槽に卵投入

卵の投入方法は過去のログを参照頂ければと思います。

 

ついでに部屋を観察しやすい場所に移しました。

 

過去に置いていた部屋より少し寒い部屋です。

ヒーターが効きすぎる

カブトエビ日記シーズン2準備編5水温高すぎ

もうすぐ水温が適温の最大値である26度に達するにもかかわらず、ヒーターはガンガン加熱しています。

 

室温が低いのが影響していると思われます。

 

現在のヒーター調節つまみは「LOW」のままです。

 

それよりも少し下げてみます。

ヒーター調節つまみを「LOW」より下げる

カブトエビ日記シーズン2準備編5ヒーターのつまみを調整

水温を下げるため、アクアパネルヒーターの温度調節つまみをLOWよりほんの少しだけ下げています。

 

寒すぎる部屋(室温10度など)でなければ、大体はLOWか、それより下で対応できると思います。

室温が安定してきた

カブトエビ日記シーズン2準備編5水温の安定化

しばらく放置すること10分。水温が23.5℃です。非常に良い感じだと思います。

 

このまま±2℃ほどに押さえてくれれば全く問題なしです。

まとめ

日本動物薬品株式会社さんから卵が届いたので、なんとかカブトエビ飼育日記を再開する事ができました。ありがたい限りです。

 

しかし、本番はこれからなので気は抜けません。

 

水温、水質、栄養素など全ての環境を整えて初めて本番スタートなのです。

 

今までは根拠のない自信があったのですが、前回失敗したので全く自信がありません。

 

お願いします、どうかカブトエビ達に命を吹き込んであげて下さい・・・。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA