危険な動物

モンシロドクガ

モンシロドクガとは

モンシロドクガ

photo by Ilia Ustyantsev

モンシロドクガの概要

モンシロドクガ概要

photo by gailhampshire

キレイな白色の体と大きさから、害のないモンシロチョウをイメージさせるが、触れるのは危険。

 

腹部に毒のある黄色い体毛を生やしているからである。

 

個体によっては、羽に黒い斑点があるものもいて、5〜9月によく姿を現す。

 

幼虫は様々な植物の葉を食い荒らしては農家の人々に被害を与える。

 

それだけでなく、夜は明かりに群がってくるので、夜は出歩かないか肌の露出部分を少なくして対策したほうが良い。

 

もし毒のある体毛に触れてしまった場合は粘着テープで毒体毛を取り除こう。

 

その後は水で洗い流し、抗ヒスタミン剤含有の軟膏を塗った後に、病院で診てもらう事をオススメする。

モンシロドクガの体形

モンシロドクガ体形

photo by Didier Descouens

体の構造

  • 四枚の羽
  • お尻の黄色い毒体毛
  • 大きく太い触角

大きさ

モンシロドクガ大きさ

photo by Didier Descouens

  • オス・・・24〜38mm
  • メス・・・32〜39mm

モンシロドクガの生態

モンシロドクガ生態

photo by Ilia Ustyantsev

習性

  • 明かりに群がる
  • 幼虫は植物を食い荒らす

生息地

モンシロドクガ分布

出典:prasinos

  • 日本全国
  • 朝鮮半島
  • シベリア
  • ヨーロッパ

モンシロドクガの危険性

モンシロドクガ危険性

photo by Danny Chapman

  • 毒体毛に触れると危険
  • 蕁麻疹のように赤くなる
  • 完治に一週間以上かかる場合も

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA