カブトエビ日記

カブトエビの飼育日記シーズン2 飼育編7日目|カブトエビの卵を入れてから(2回目)2日が経過したが、カブトエビは生まれていない。卵に原因があるのか、環境に問題があるのか分からない誰か教えてほしい

カブトエビ日記シーズン2飼育編7日目水槽

何も問題なければ、卵を水に浸してから翌日までには孵化すると言われているカブトエビの卵。

 

しかし、2日が経過した今も孵る気配はありません。何に問題があるのでしょうか。

 

水質?水温?水圧?分かりません。水圧はおそらく問題ないでしょう。

 

説明書通りの分量しか水を入れていません。

 

水温も、25〜28度をキープしているので問題ないでしょう。

 

残る問題は水質です。ただ、水質の管理については減ってきた水を足す程度で問題ないと書いてあったので、現状の水質(汲み置いてから10日ほど)がカブトエビに問題あるとは思えません。

 

ということは孵化率(10〜20%)の問題で今回も孵化しなかったのでしょうか。

 

運が悪すぎます。挫けそうになってしまいます。

 

それでは実際の水槽の中の様子を観察していきましょう。

水槽の中を観察していく

カブトエビ日記シーズン2飼育編7日目水槽ズーム

水は透き通っています。問題なさそうですね。

 

ちらほらと見ている小さい粒は卵たちです。

 

動いていないのでカブトエビの幼体ではありません。

 

悲しいですが、生き物が居ないという現実を受け入れるしかありません。

水温チェック

カブトエビ日記シーズン2飼育編7日目水温チェック

水温は27度。全く問題ないでしょう。

 

カブトエビの卵たちよ、眠ってないで早く生まれてくるのです。

 

あなた達が生まれてきてくれればもっといい環境を整えてしっかりと育て上げます。

 

約束です。

変なところにへばりつく卵たち

カブトエビ日記シーズン2飼育編7日目水槽のフチにつく卵

水槽のフチ、浮かばずに水中にくっついている。縦に連結している?

カブトエビ日記シーズン2飼育編7日目水槽のフチにつく卵2

これまた水中かつフチにくっつく卵。浮いてません。水槽のフチにくっついてます。

水面に浮かばずに、真ん中らへんで止まっている卵がありました。

 

浮かぶわけでもなく沈むわけでもなく。一体どうしたの言うのでしょうか。

 

少し考えた後、そういえばと思い出したことがありました。

新しい水を継ぎ足していた

カブトエビ日記シーズン2飼育編5日目水温計

水つぎたし前の水量

カブトエビ日記シーズン2飼育編7日目水槽ズーム2

水つぎたし後の水量

お気づきの方もいらっしゃると思いますが、今日水を足しました。

 

2日間くみ置いた水です。水を継ぎ足しの水槽の画像を見てみると、ちょうど水を継ぎ足す前の水の位置に卵があることがわかります。

 

水を継ぎ足す前に、すでに水槽のフチにくっついていたんですね。

 

この卵からカブトエビから孵化したら面白いですね。新たな孵化方法の発見です。

まとめ

いつになったらカブトエビは孵化するのでしょうか。電話して聞いてみようかな・・・。

 

大げさでしょうか。しかし、ここまで孵化しないのであれば単純な孵化率の問題ではないのかもしれません。

 

企業が死んでいる卵を郵送するはずもないです。

 

やはり時期的な問題でしょうか。

 

少しでも寒さを感じさせてしまうと孵化しないトリガーが発動してしまう。ということでしょうか・・・。

 

まだ2日目なので様子見を続けますが、5日目でも孵化しなければ・・・。

 

まぁ、孵化しなかったときのことは、孵化しなかった時に考えます。

 

それまでは淡い期待を抱きながら、様子見です。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA