カブトエビ日記

カブトエビの飼育日記シーズン3 飼育編3日目|ついにカブトエビ誕生!!ここまで長かった・・・。

カブトエビ日記シーズン3飼育編2日目カブトエビの赤ちゃん

ついに、カブトエビの赤ちゃんが誕生しました!

 

1ヶ月の頑張りが実った瞬間、感動です。

 

今回は動画も撮影したので、観察内容と併せて御覧ください。

 

では、本日の観察内容を見ていきましょう。

カブトエビ水槽の観察

水温

カブトエビ日記シーズン3飼育編2日目水温

サーモスタットのおかげで、水温は20〜21℃を保っています。

 

水温の激しい変化はカブトエビに大きな負担をかけるので、水温の変化はなるべく無くしましょう。

 

カブトエビを長く飼育するコツです。

水の量

カブトエビ日記シーズン3飼育編2日目水槽

水の量は、水槽全体の1/2ほど。飼育キットの説明書には1/3が適量と書いていますが、1/2でも問題ないでしょう。

 

サーモスタットの水温計測部を水中へ完全に収まるようにするには、水槽全体の1/2ほど水量が必要なのです。

全体図

カブトエビ日記シーズン3飼育編2日目水槽全体図

現在の水槽レイアウトです。オシャレ感は全くありません。

 

ゆくゆくは、もう少し大きな水槽に隠れ家的なオブジェクトを設置して、カブトエビ水槽っぽさ?を演出する予定です。

 

すごく楽しみです。カブトエビは無事に孵化してくれたので、あとは体が大きくなって環境変化に強くなってくれるのを待つのみです。

 

その後、別の大きな水槽に引っ越しさせましょう。

カブトエビ動画

カブトエビが誕生を捉えた(厳密には発見した瞬間)感動の瞬間です。

 

上下左右に飛び跳ねる感じで動くのが特徴のようですね。分かりやすい挙動です。

 

頑張って生きておくれ、カブトエビ。温度管理は完璧なので、エサのやりすぎや食べ残しの放置などで、水質悪化しないよう気をつけます。

まとめ

今日、目覚めた後にカブトエビ水槽を覗くと、ぴょこぴょこ動く白い物体を発見して感動しました。

 

1ヶ月もの間、生物が全く誕生する事がなかったので、実は卵入ってない「卵に見せかけた何かを入れてる説」を疑っていたのです。

 

それが今回、無事にカブトエビの孵化を見ることが出来て安心しました。

 

まずは第一の壁を超えました。次は第二の壁、「魔の7日間」を生き抜けるよう全力でカブトエビをサポートします。

 

目標の「カブトエビたくさん水槽」への第一歩を踏み出せて感激です。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA