カブトエビ日記

カブトエビの飼育日記シーズン3 飼育編6日目|カブトエビ誕生から4日目。本日は、悲しい事を伝えなければいけません。

カブトエビ日記シーズン3飼育編5日目孵化カブトエビ死亡

今回は、皆様に悲しい現実を伝えなければいけません。

 

1番最初に生まれたカブトエビが死んでしまいました。

 

しかも、それに続いて2番目に大きいカブトエビまでも亡くなったのです。

 

こんなに悲しいことはありません。

 

他の2匹は元気に泳いでいる事から、水質の悪化や水温の変化などが原因ではない事が分かります。

 

考えられるのは、恐らく「餓死」。

 

「明日、エサをあげてみようかな」

 

なんて考えず、すぐにあげていれば良かったんです。

 

判断ミスで死なせてしまったカブトエビには申し訳ない気持ちでいっぱいです。

 

では、本日の観察内容を見ていきましょう・・・。

死んでしまったカブトエビ

1番に生まれたカブトエビ

カブトエビ日記シーズン3飼育編5日目孵化カブトエビ死亡

こちらは1番最初に生まれたカブトエビで、とても大きく育っていました。

 

順調に成長していると思った矢先、こちらの判断ミスで取り返しのつかないことに。

 

あの時、エサをやればこんな結果を回避できたかと思うと、悔しくてたまりません。

2番に生まれたカブトエビ

カブトエビ日記シーズン3飼育編5日目孵化カブトエビ死亡2

このカブトエビは2番目に生まれました。

 

こちらも、カブトエビだと分かるほどに形が変わってきていました。

 

生まれてある程度したカブトエビが相次いで死亡した事を考えれば、やはり「餓死」が原因でしょう。

 

いつまでもウジウジしたところで前に進みません。

 

今は、生き残ったカブトエビ達を全力でお世話する事だけ考えます。

生き残ったカブトエビ

2匹のカブトエビ

カブトエビ日記シーズン3飼育編5日目孵化生き残った2匹のカブトエビ

こちらが、生き残った2匹のカブトエビ達です。

 

たくさん足をかき、必死にもがいています。

 

おそらく成長が早く、脱皮が活発なのでしょう。

 

成長が早いという事は、多くのエネルギーが必要だと言うこと。

 

カブトエビは食い溜めが出来ないため、こまめにエサを与える必要があります。

 

この2匹のカブトエビを死なせないよう、全力を尽くします。

カブトエビ動画

カブトエビを2匹も死なせてしまった事により、悲しみモード前回の動画となっております。

 

やっと孵化して、これからだという時に訪れた不幸。この不幸は防げたものでした。

 

このような後悔を二度としないよう、エサの管理には気をつけます。

 

もちろん、その他の環境にもです。

まとめ

今回は、悲しいお知らせとなってしまいました。

 

未だに受け止めきれていません。

 

せっかく生まれてきてくれた命、餓死などという不幸はあってはなりません。

 

カブトエビが足をかいて泳いでいる姿が分かるほど大きくなったら、エサを入れておく。

 

多少、水質が悪化するのはしかたないでしょう。

 

餓死させてしまうよりマシだと思います。

 

今度こそ、カブトエビ飼育を成功させるのです。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA