カブトエビ日記

カブトエビの飼育日記シーズン3 飼育編23日目|卵を入れ替えて今日で4日目。今回も孵化失敗か。またもやカブトエビの「卵」の観察です。

カブトエビ日記シーズン3飼育編23日目卵4

カブトエビの卵を入れ替えて今日で4日目。

 

この段階でも卵は孵化しませんでした。

 

もう望みは無いでしょう。

 

諦めます・・・。

 

今日で何日連続の卵観察でしょうか。

 

カブトエビのエサが全く減らない悲しい状況ですが、楽しんでカブトエビの卵観察をしていきましょう。

今日のカブトエビ卵

わた菓子?な卵

カブトエビ日記シーズン3飼育編23日目卵1

昨日と同じ場所にあったので、同じ「わた菓子な卵」だと思うのですが…

 

白いモヤが透明になっています。

 

時間経過で透明になるなんて、知りませんでした。

 

新しい発見ですね。

 

でも、白から透明に変わって元気が無くなったように感じます。

 

孵化しなさそうです…

触手な卵

カブトエビ日記シーズン3飼育編23日目卵2

2つ目は職種な卵。

 

卵を包む透明なモヤが大きくなったように感じます。

 

カブトエビの卵の中は、カブトエビを守る透明なモヤがあるので、その保護膜が出てきているのでしょう。

 

しかし卵にヒビが入っていませんね。

 

後ろ側に入っているのかな?

 

もしかして、卵の中身が出てきているというのは見当違いなのでしょうか。

ヒビ入り卵

カブトエビ日記シーズン3飼育編23日目卵3

この卵も透明なモヤに包まれています。

 

しかも、よく見ると左側にヒビも入っているようです。

 

この卵は、まもなく孵化しそう!

 

タイムリミットまであと1日、間に合うでしょうか。

 

孵化しかけと判断した卵は、例外として5日以上置いて良いかもしれません。

黒卵

カブトエビ日記シーズン3飼育編23日目卵4

4つ目は黒い筋の入った卵。

 

どのタイミングで黒色に着色するのか見当もつきません。

 

目を凝らしてみると、卵の下側にうっすらと透明なモヤも見えます。

 

それ以外に特徴はありませんが、今までにない特徴を有したので油断できません。

 

今後も、今までにない変化をしてくれるかもしれません。

 

楽しみですね。

孵化しかけ卵

カブトエビ日記シーズン3飼育編23日目卵5

最後は、孵化しかかの卵。

 

今回の卵入れ替えにおいて、1番期待をしていた卵でもあります。

 

中心部分の白い部分が少し大きくなっているように見えない事もないですが…。

 

ただ、こな卵を見かけてから今日で3日も経っています。

 

それにしては、変化が少ないです。

 

孵化する望みは薄いでしょう…。

今日のカブトエビ動画

まとめ

卵が水に浸かって今日で4日目ですが、カブトエビは孵化しませんでした。

 

もうここまで来ると、ほぼ孵化しないと見て間違いないと思います。

 

明日、卵を回収して、乾燥させておいた卵と入れ替え作業になるでしょう。

 

ただ、問題なのは殻が割れて中身が出ている卵がある事。

 

こういった、まもなく誕生するであろう卵を水から地上へ移すと、頑丈な耐久卵の殻に中身が守られてない無防備な状態となります。

 

間違いなく死んでしまうでしょう。

 

なので、回収する際は、ヒビのない、完全な状態の卵のみを回収するよう注意します。

 

カブトエビを自らの手で殺してしまうほど悲しいことはありません。

 

明日の卵入れ替え作業は、今までにないほど重要なミッションとなるでしょう。

 

緊張しますが、この作業はカブトエビ飼育を続けていくうえで欠かせません。

 

ミスの無いよう、慎重に作業を進めていきます。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA