カブトエビ日記

カブトエビの飼育日記シーズン3 飼育編27日目|卵の「再」入れ替えをして今日で4日目。未だに孵化しないカブトエビ。今回もダメだったか。

カブトエビ日記シーズン3飼育編27日目卵5

今日も孵化しなかったカブトエビ。

 

今まで卵の周りについていた透明なモヤがないので、期待していたのですが…。

 

朝、水槽の中を確認すると、卵だけが横たわっているのです。

 

悲しい…また孵化しない悪夢を味わうことになるとは思っていませんでした。

 

という訳で、鋼の心で「卵」の観察を続けます。

 

5枚の卵を撮影しているので、ご覧ください。

今日のカブトエビ卵

普通な卵

カブトエビ日記シーズン3飼育編27日目卵2

1つ目は至って普通な卵。

 

今までの普通な卵と違う点は、卵の周りを包む「透明なモヤ」がほとんど無いところです。

 

このブログでは、透明なモヤを「孵化を抑制する物質」だと予想しているので、今回は孵化するだろうと思っていました。

 

なのに孵化しなかった卵。ショックです…。

 

カブトエビからすると「勝手に絶望しやがって!」と思われるかもしれませんね。

 

でも、期待してワクワクしないと本当に心が折れそうなんです。

 

カブトエビを赤ちゃんから大人まで育て上げるのは、いつになることやら…。

キャンディーな卵

カブトエビ日記シーズン3飼育編27日目卵3

2つ目は、キャンディーに似ている卵。

 

表面がツルツルして、光沢もあるところが、とても甘そうに感じて美味しそうです。

 

よく見ると、卵上部にある光沢が2つに割れています。

 

という事は、その光沢に沿うように切れ目が入っている事が分かりますね。

 

もしかすると、孵化まで後少しかもしれません。

 

とても楽しみですが、タイムリミットまであと1日しかありません。

 

次の卵入れ替えまでには間に合わないでしょう…。

両端が白い卵

カブトエビ日記シーズン3飼育編27日目卵4

3つ目は、両はしが白っぽい卵。

 

以前に紹介した、「右側だけ白い卵」だと思います。

 

なんと左まで白くなったのです。

 

色がだんだん変化していくなんて、今までにない反応でワクワクしますね。

 

ただ、ここまでのカブトエビ飼育日記で孵化が確認できたのは「オレンジ」の卵です。
※「孵化最中の卵」をご覧ください。

 

白色に変わってしまった卵が孵化するのか心配で仕方ありません。

上がパックリな卵

カブトエビ日記シーズン3飼育編27日目卵5

4つ目は、上側がパックリと割れた卵。

 

これだけ割れているのなら、中身が外に出ていないと不自然です。

 

にも関わらず、カブトエビらしき白い物が全く見えません。

 

中身は一体、どこへ行ってしまったのか…。

 

水槽の中にも、カブトエビらしき物は見当たりません。

 

中身がない(と思われる)卵が多いですね。
※このブログには載せていない、中身無し卵がたくさんある

 

この水槽の中で、何が起こっているのでしょうか。

 

不安が大きくなります。

 

もう、今の環境では孵化しないのではないか、と…。

孵化しかけな卵

カブトエビ日記シーズン3飼育編27日目卵1

最後は、おなじみの「孵化しかけな卵」。

 

もうそろそろ孵化かな?と思って様子を見てみると、なんと中心部分の白い物が小さくなっていました。

 

なんて事だ…カブトエビの本体である白い部分が、以前よりも小さくなっているなんて。

 

孵化しないのが確定しました。

 

おそらく、カブトエビの体が溶けてしまったのでしょう。

 

カブトエビは、死ぬと体が溶けるようになっているのです。

 

悲しすぎる。ここに来て絶望を味わうことになるとは…。

今日のカブトエビ動画

まとめ

カブトエビ日記シーズン3飼育編27日水槽

今日も生まれなかったカブトエビ。

 

タイムリミットまであと1日しかありません。

 

この段階まで孵化しないと、もう孵化はしないでしょう。

 

次の卵たちに期待です。

 

10日間、乾燥させておいた卵は孵化するのでしょうか。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA