カブトエビ日記

カブトエビの飼育日記シーズン3 飼育編29日目|卵の「再✗2」入れ替えをして今日で2日目。まだカブトエビは孵化していない様子。

カブトエビ日記シーズン3飼育編29日卵1

カブトエビの卵「再✗2」入れ替えを行って今日で1日経過しましたが、まだ孵化していません。

 

この段階で孵化するのは珍しいので、予想どおりと言ったところでしょう。

 

明日、明後日に孵化すれば順調です。

 

水温23℃では、まだ1度も生まれたことがないので、あまり期待はしていませんが・・・。

 

では、本日も卵の観察を始めましょう。

今日のカブトエビ卵

たくさん集まった卵

カブトエビ日記シーズン3飼育編29日卵1

たくさんの卵が集まった珍しい様子を捉えました。

 

縦4列に分かれています。

 

特に見ていただきたいのは、左から2列目、1番茶色の卵。

 

切れ目が「横」「縦」にビシビシ!と入っているのが分かりますね。

 

これも初めての変化です。

 

一気に割れて素早く孵化しそうな予感がします。

 

今回の期待できる卵No. 1に決定しました。

 

「タテヨコな切れ目卵」と名付けましょう。

 

今後がとても楽しみです。

白いモヤが出た卵1

カブトエビ日記シーズン3飼育編29日卵2

2つ目は白いモヤを出している卵。

 

卵とほぼ同じくらいな大きさがありますが、これは卵の中身と見ていいのでしょうか。

 

ただ、カブトエビが孵化する時は次の流れです

  • 卵の外に少し体を出す
  • 体をバタつかせてもがく
  • 卵の外へ完全に出る

 

先に透明なモヤが、こんなに出ていて大丈夫なのでしょうか。

 

死んでなければいいのですが…。

 

白いモヤが出た卵2

カブトエビ日記シーズン3飼育編29日卵3

3つ目は、3つの卵が集まった卵。

 

両端の卵は特にこれといった変化が見られませんが…。

 

真ん中の卵は白いモヤが卵から出ています。

 

卵に切れ目が入っているのでしょうか。

 

という事は、もうすぐ孵化!?

 

…いや、この白いモヤを出した状態のまま、孵化しない卵をたくさん見てきました。

 

まぁ、何も変化のない卵よりは観察しがいがあるので、このまま観察を続けたいと思います。

底に沈んだ卵

カブトエビ日記シーズン3飼育編29日卵4

最後は底に沈んだ卵。

 

卵自体の観察ではありませんが、あなどってはいけません。

 

昨日の時点では、「全ての卵」が水面に浮かんだいたのです。

 

つまり、この卵たちは「勝手に」水槽の底へ沈んだという事になります。

 

水面に浮かんだ卵は、今まではスポイトで上から水をかけて必死に水槽の底へ沈めていました。

 

その必要は無かった、という事が分かりましたね。

 

生まれる卵は、勝手に自分の判断で水槽の底へ沈むのです。
※数日経っても沈んでなければ、上から水をかけた方が良いかもしれません

追記:これはカブトエビか!?

カブトエビ日記シーズン3飼育編29日カブトエビ?

観察を続けていると、なにやら卵とは明らかに違う形の物体が。

 

この色、形、大きさ、カブトエビっぽいです!

 

孵化したのでしょうか!?

 

・・・しかし、全く動いていません。

 

カブトエビは、孵化した後すぐに動くと思っているので、生きているのか心配です・・・。

 

かすかに揺れているような気もしますが・・・確信が持てません。

 

唯一わかっているのは、カブトエビに命が宿る時、とても小刻みに動くという点のみ。

 

その後、ゆっくりと大きく、足を動かし始めるのです。

 

明日、水槽の中を1匹のカブトエビ赤ちゃんが泳ぎ回っている事を願います。

今日のカブトエビ動画

まとめ

今回もカブトエビは孵化しませんでしたが、今日は卵を水に入れてまだ1日しか経っていません。

 

カブトエビが生まれるのは、早くても明日以降でしょう。

 

楽しみです…
※全然生まれないので、今回も生まれないのでは?と思う気持ちの方が強いのが正直なところ

 

卵の入れ替えを繰り返していれば、いつか孵化するのでしょうか…。

 

あと1年くらい、ずっと卵の入れ替え作業をしてたり…なんて事にならないよう、祈ります。

 

〜P.S〜

現在の時刻は2時14分。この記事を投稿して約2時間後です。

なんと、カブトエビらしき白い物体を発見したので急いで追記しました。

睡眠をとった後、水槽の中を観察してみます。

カブトエビが泳ぎ回っていればいいのですが・・・。

ドキドキしますね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA