カブトエビ日記

カブトエビの飼育日記シーズン3 飼育編30日目|卵の「再✗2」入れ替えをして今日で3日目。またもやカブトエビは孵化せず。

カブトエビ日記シーズン3飼育編30日卵3

カブトエビの卵を入れ替えて今日で3日目。

 

昨日、カブトエビらしき物を見ていただけに、とても期待したのですが、孵化していませんでした。

 

どうやら、カブトエビだと思っていた物体は、ただのモヤ(ゴミ)だったようです。

 

もの凄く期待していただけに、ガッカリ具合はハンパではありません。

 

心を折られるとは、まさにこの事。

 

水槽の中を1度リセットして、新たなカブトエビ栄養を入れる為に、飼育キットを再購入しようかな…と考えています。

 

はやくカブトエビを飼育したいな。

 

では、本日も卵の観察をしましょう。

 

全部で4枚とりましたので、お楽しみ頂ければと思います。

今日のカブトエビ卵

パックリ卵

カブトエビ日記シーズン3飼育編30日卵1

1つ目は、縦に切れ目が入り、左右にパックリと割れている卵。

 

中に透明なカブトエビが入っているのが分かります。

 

ここまで大きく割れていて、なぜ外に出てこないのでしょうか。

 

水温も23度で許容範囲ですし、水も定期的に変えているので、水質悪化は考えにっくいです。

 

水の変える量も少しずつで、卵を入れ替える時のみにしています。

 

原因は一体なに?分かりません…。

 

この飼育方法で何回か孵化しているので、間違ってはいないと思います。

 

あとは、生まれるのを信じて飼育を諦めない事が大事なのだと、鋼の心で挑み続けるしかありません。

三つ子の卵1

カブトエビ日記シーズン3飼育編30日卵2

2つ目は、横に3つ仲良く並んでいる卵。

 

特に見ていただきたいのが、1番左の卵です。

 

黒い点がありますね。

 

卵の外からくっついたというより、卵の「中」から出てきたと言った感じ。

 

初めての事象です。

 

赤ちゃんの時に黒いカブトエビなんて見たことありませんし、この黒い点は一体なんでしょうか。

 

卵の黒い点の付近も少し黒いですし、病気でないか心配です。

 

無事に生まれてくれるのでしょうか。要観察します。

三つ子の卵2

カブトエビ日記シーズン3飼育編30日卵4

3つ目は、縦に3つ並んでいる卵。

 

なぜ縦に並んでいるかというと、水面の上に出てしまっているからです。

 

水槽のフチにくっつくと、水が蒸発して水面が下がった際に、こういう事が起こる可能性があります。

 

水につかってないので、この状態のままだと乾いて孵化しません。

 

スポイトで上から水をかけ、水面に落としてあげましょう。

 

話は変わりますが、1番上の卵を見てください。

 

横に切れ目が入っており、左右にパックリと割れています。

 

本日2回目で恐縮ですが「ここまで割れても孵化しないのか」という状況です。

 

死んでいるとしか思えません。

 

やはり、卵が割れると同時にカブトエビが外に出ないとダメなのでしょうか…。

何かの一部

カブトエビ日記シーズン3飼育編30日卵3

最後4つ目は、よく分からない物体です。

 

カブトエビの形ではなく、モヤにしては形がハッキリしています。

 

よって、おそらく卵でしょう。

 

驚くべきは、ちぎれて一部しか残っていないという点です。

 

どのタイミングで千切れたのでしょうか。

 

チューブボトルで振った時?

 

もしかすると、以前に孵化したカブトエビが卵をかじったのかもしれません。

 

過去のカブトエビ動画を見てもらうと、カブトエビが卵にくっついている様子の動画があります。

 

この卵は絶望的ですね。

 

観察対象から外します…。

今日のカブトエビ動画

まとめ

カブトエビ日記シーズン3飼育編30日水槽

今回も孵化しなかったカブトエビ。

 

卵が水につかって3日目なので、もう望み薄でしょう。

 

あと2日たっても孵化しなければ、1度、水槽の中をリセットしたいと思います。

 

新しい飼育キットをを再購入し、環境を作り直すのです。

 

ついでに、卵再購入のチケットも郵送しておきます。

 

失敗のリスクを減らせるでしょう。

 

使用する水は、過去最高の孵化数を記録した「水道水」を使用する予定です。

 

実は、もう用意してあるのです。(現在、汲み置いて2日目)

 

水温も20℃にすれば、問題ないでしょう。
過去記事を参考にして頂ければと思います。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA