カブトエビ日記

カブトエビの飼育日記シーズン4 8日目|カブトエビが孵化して2日目。2匹中、1匹が死亡。水中の栄養過多が原因か。

カブトエビ日記シーズン4カブトエビ誕生2日目カブトエビ死亡

カブトエビが誕生して今日で2日目。

 

水槽の中を確認すると、1匹のカブトエビが死亡していました。

 

昨日の時点では2匹生まれていたのを確認したので、生き残ったカブトエビは1匹だけ。

 

早い・・・。死ぬのが早いです。

 

水槽の底に沈んでいる、カブトエビの栄養に絡みつくように死んでいたので、やはり水中の栄養が多すぎたのではないか?と思っています。

 

対策をして、生き残ったカブトエビを守らなければいけませんね。

 

では、本日のカブトエビ観察の様子をお届けします。

カブトエビ死す

カブトエビ日記シーズン4カブトエビ誕生2日目カブトエビ死亡

昨日生まれた2匹のカブトエビが、たった1日で死亡してしまいました。

 

悲しい…画像では分かりにくいですが、水槽底のモヤに絡まるように死亡しています。

 

この透明なモヤは、カブトエビの栄養素でしょう。

 

栄養素が絡まって死んだのか、死んだから栄養素に絡まったのか。

 

死亡してドロドロな見た目になったカブトエビは、悲しくて見てられませんでした。

 

水中の栄養が多すぎたのか…?

 

水の量は説明書よりも多いですし、栄養が多すぎて死んだという事は無いと思います。

 

だとすると、逆に水中の栄養が少なすぎた…?

 

その場合は、すぐ近くにある水草を食べればいいだけのはず。

 

一体、どうして…。

 

ほかのカブトエビは元気に動いているので、運悪く突然死してしまったのだと割り切り、観察を続けたいと思います。

水の濁りは少ない

カブトエビ日記シーズン4カブトエビ誕生2日目水槽の濁り具合

栄養が多すぎたのであれば、水は濁って臭いも強く出るはず。

 

しかし、水の透明度は高いですし、臭いも軽くする程度。

 

栄養が多すぎたのでは無いのかもしれません。

 

気泡がたくさんあり、酸欠という事も無いでしょう。

 

  • 水はキレイ
  • 水温も適温
  • エサも豊富

 

三拍子そろっているのに死亡するなんて、やはり運が悪かったのでしょう。

 

悲しいですが、受け入れるしかありませんね。

水槽を少し清掃

カブトエビ日記シーズン4カブトエビ誕生2日目水槽清掃

でもやっぱり水槽底のモヤが気になったので、少しだけスポイトで取り除きました。

 

新たに水を加えた訳ではないので、急激な水質変化を起こさないと思います。

 

まだドロドロではなくサラサラとしていたので、水質は悪化してないでしょう。

 

水温も23〜24℃と前より1℃、ベースを低めに設定し、水の腐敗を少しでも抑えるようにしています。

 

完璧な環境だと思うのですが…気づかないうちにアンモニアが発生しているのでしょうか。

 

水中のアンモニア濃度を調べる事も視野に入れた方が良いのかもしれません。

透明なコケが気になる

カブトエビ日記シーズン4カブトエビ誕生2日目透明なコケ

水草に「透明なコケ」が大量にくっついています。

 

これらは水中の栄養が多すぎると発生するそうで、カブトエビにとって良くありません。

 

というのも、カブトエビがこの透明なコケに絡まってしまい、身動きが取れなくなります。

 

だんだんと動きが弱くなり、白色だった体が透明になって、最後には力尽きてしまう。

 

今回も、その場でバタバタもがいて、動きが弱くなってきていたカブトエビがいました。

 

ピンセットで絡まったコケを取り除くと、途端に元気を取り戻し、水草を食べ始めたのです。

 

この透明なコケは、水草付近に発生するだけでなく、蜘蛛の巣のように、あたり一面に細い糸状となって広がる厄介なもの。

 

そうなると、カブトエビにとっては致死性の高い危険な罠となってしまうのです。

 

カブトエビの飼育に水草を使用する場合、いかに透明なコケを発生させないかが、カブトエビを死なせない為のカギでしょう。

 

原因として考えられるのは以下の点。

  • ライトを当てすぎている
  • 水中の栄養が多すぎる

 

なので、次回からは水草だけを入れて、カブトエビ栄養は入れないようにしてみます。

 

これで透明なコケが生えず、なおかつカブトエビが孵化して育てば、今後はカブトエビの栄養素は不要という事となりますね。

生き残ったカブトエビ

1匹目

カブトエビ日記シーズン4カブトエビ誕生2日目カブトエビ3

1匹だけ生き残ったカブトエビは、元気に水草を食べていました。

 

良い感じです、この調子でどんどん成長して欲しいものです。

 

経験上、水槽の底にいると死んでしまう確率が高いようなので、ずっと水草の上で生活してもらいたいですね。

2匹目

カブトエビ日記シーズン4カブトエビ誕生2日目カブトエビ2

観察を続けていると、なんと3匹目のカブトエビを発見しました。

 

たくさん生まれていたんですね、とても嬉しい。

 

このカブトエビは今までのカブトエビと違い、ずっと水面で泳いでいます。

 

特殊能力でしょうか。体が底に沈まないなんて…。

 

動きもゆったりしていて、落ち着いた雰囲気。

 

ただ、元気がないようにも見えるので、急に死亡しないか心配です。

3匹目

カブトエビ日記シーズン4カブトエビ誕生2日目カブトエビ1

なんと!4匹目です!

 

今回は大量ですね、感激です!

 

水草にはりついて、これまたゆっくりとした動き。

 

水草を食べているのだと思いますが、全然元気がありません。

 

カブトエビの赤ちゃんは、もっと激しく動くものだと思っていたのですが…。

 

もしかして、環境が合ってないのでしょうか。

 

一体、いつになればカブトエビにピッタリの環境を提供できるのか…。

 

もう2ヶ月は飼育を続けているのに、全然安定しません。

 

悲しい…。

 

まぁ、今回もダメなのであれば、対策をして飼育を続けるだけですがね…。

 

いつ心が折れるか分かりません。

今日のカブトエビ動画

まとめ

残念ながら、生後2日目にして死んでしまった1匹のカブトエビ。

 

生き残ったもう1匹は元気に水草を入れ食べていて一安心といったところ。

 

観察を続けていると合計で3匹のカブトエビを発見し、今回は全部で4匹生まれた事になります。

 

順調に孵化はしましたが、今後も元気に成長してくれるかは分かりません。

 

もうカブトエビの赤ちゃんが死ぬ姿を見るのは嫌です。

 

なんとしても、今回生まれたカブトエビには頑張ってほしい。

 

水が濁ってきたなら、交換するのも躊躇しません。

 

もう、前回みたいな後悔はしたくありませんからね。

 

では、明日もカブトエビが生きていることを願って、今回の報告を終了します。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA