カブトエビ日記

カブトエビの飼育日記シーズン4 11日目|カブトエビが孵化して5日目。カブトエビ全滅。やはり4日の壁は超えられなかった。しかし、新たな生命が誕生。

カブトエビ日記シーズン4カブトエビ誕生5日目新しい生命を発見

今日は、カブトエビが生まれて5日目。

 

初めて5日以上生きてくれた!やった!

 

…と、生後5日目を祝う予定でした。

 

今朝、水槽内を確認すると、動かなくなっているカブトエビを発見しました。

 

やはり、4日の壁は高くて超えられないのか。

 

カブトエビが全滅してしまったので、現在の環境をリセットしよう。

 

…と思ったのですが、そうもいかない事態が起こりました。

 

一体何が起こったのか、お知らせしたいと思います。

カブトエビ死亡

カブトエビ日記シーズン4カブトエビ誕生5日目カブトエビ死亡

生後5日目のカブトエビ。

 

できれば、生存している状態でお見せしたかったです。

 

画像の真ん中にある白い物がカブトエビで、水草に逆さでつかまるように動きを止めていました。

 

悲しいですが、現実を受け入れなければいけません。

 

今回の死因は、おそらく「水の粘り気」が強すぎた為です。

 

次回の対策としては

 

  • カブトエビ栄養を半分 or 入れない
  • 水草を今の半分以下に

 

この2つでしょう。

 

栄養過剰で水草からでる糸状の透明なコケをなくし、今度こそカブトエビ飼育を成功させるのです。

現在の環境をリセット

卵を回収

カブトエビ日記シーズン4カブトエビ誕生5日目水槽内の卵回収

新しい環境を整えるため、まずは水槽内の卵を回収します。

 

あまり卵はなく、15粒でしょうか。

 

それでも今回はたくさんのカブトエビが生まれてくれて、とても嬉しいです。

 

実力不足で、またしても全滅させてしまいましたが…。

水槽を回収

カブトエビ日記シーズン4カブトエビ誕生5日目水草回収

この画像は、別水槽に水草を写したものです。
※この形の水槽は複数あります

 

まずは大量の透明なコケを洗い流し、次の飼育に問題ない状態へとする必要があります。

 

ピンセットで水草をつまみ、水の中で揺らすと大量の汚れが出てきました。

 

見た目以上に、汚れた付いていた事にショックを隠せません。

 

この大量のゴミの中、カブトエビを放していたなんて…。

 

生後間もない時でも、水の入れ替えは必要なのかもしれません。

新たな生命を発見

カブトエビ日記シーズン4カブトエビ誕生5日目新しい生命を発見

卵を回収、水草を回収と、順調に環境リセット作業を行ってきました。

 

水草を回収した時点で水槽内をチラっと見ると、なんとカブトエビが泳いでいました。

 

気づかないうちに孵化し、成長したようです。

 

大きさ的に、生後2日目といったところでしょうか。

 

環境をリセットするなんて、とんでもない。

 

今からでも、減った水と水草を補充しなければ。

環境を整える

カブトエビ日記シーズン4カブトエビ誕生5日目環境を整える

環境を整えるために行った作業は以下です。

 

  • 減った水を足す(1/2ほど)
  • 水草を少しだけ足す
  • 水温を25℃に変更

 

画像では水温25℃に達していませんが、すぐ25℃に調整しました。

 

そのほかは、水槽内の水にある強い粘り気を取るため、水を取り除き、ついでに底のゴミも除去。

 

水草を少しだけ投入し、ネバネバの発生を少しでも抑えるよう努めました。

 

最後に、減った水を足す事で環境を整え、完了です。

 

このカブトエビには強い運命を感じるので、生き残って欲しい…。

今日のカブトエビ動画

まとめ

今日は最初のカブトエビが生まれて5日目。

 

生きていれば、生後5日達成を祝う日となったのですが…残念でなりません。

 

全てのカブトエビが死亡したと思い環境をリセットしていたところ、生き残っていた1匹を偶然にも発見。

 

リセット作業をすぐに中断し、即座に環境を復旧させました。

 

復旧させるといっても、ただ元どおりにした訳ではありません。

 

水の粘り気を取り、ゴミを取り、水温を上げて水草の量を調整したのです。

 

このカブトエビに生きて貰いたい、その思いで必死に環境をリメイクしました。

 

この思いが、カブトエビに届く事を祈ります。

 

時々、動きが弱まるたびに、不安が頭をよぎって辛い…。

 

それでは、これにて今回のご報告を終了したいと思います。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA