カブトエビ日記

カブトエビの飼育日記シーズン4 16日目|卵をセットして2日目。残念ながら孵化していない様子。

カブトエビ日記シーズン4卵投入2日目気泡の野中の気泡

カブトエビ飼育環境を再構築して今日で2日目。

 

残念ながら、孵化していないようです。

 

卵の量も多かったので、本日生まれると予想していたのですが・・・。

 

まぁ、昨日は卵を水に投入した時間帯も遅かったので’仕方ないですね。

 

卵が孵化していないので情報量は少ないですが、気を取り直して本日の観察内容を見て頂ければ幸いです。

カブトエビ水槽の環境

水槽の底に気泡

カブトエビ日記シーズン4卵投入2日目底の気泡

画像は水槽の底を写したものです。

 

飼育環境をセッティングして2日目なのに、この気泡の量。

 

水草を入れなければ、この半分の量も残っていなかったでしょう。

 

カブトエビは酸素が少ないと弱ってしまうので、これだけたくさんの酸素を確保できる水草は、ありがたい存在と言えます。

 

水槽の底だけでなく、水草自体にもちいさな気泡がたくさんあって、酸素が有り余っている状態。

 

酸素が多すぎるのが悪影響かどうかは分かりませんが、無いよりはマシでしょう。

 

早く生まれて、すくすくと育ってほしいですね。

気泡の中に気泡?

カブトエビ日記シーズン4卵投入2日目気泡の野中の気泡

画像は、水槽の側面にあった気泡をマクロレンズで写したものです。

 

気泡の中に、また気泡・・・?

 

いや、水滴でしょうか…。

 

なんだか不思議な模様です。

 

一瞬だけ、ゾワッとしたのは気のせいでしょうか。

 

このような気泡を見たのは初めてなので、不思議な感覚でした。

 

カブトエビにはあまり関係ないと思いますが、初体験だったのでお伝えしておきます。

水草が枯れてる

カブトエビ日記シーズン4卵投入2日目水草枯れた

水草本来の色は緑色ですが、画像真ん中の水草は黄緑色で、元気がありません。

 

この水草は約半月ほど使用しているので、ついに命尽きてきたのでしょうか。
※別水槽から持ってきたので、購入時からはもっと長期間しようしているはず

 

しばらく様子を見て、元気を取り戻さないようであれば、この部分だけを切り取って取り除いたほうが良さそうです。

卵の様子

絶妙な位置で停止する卵

カブトエビ日記シーズン4卵投入2日目卵1

続いて、卵の様子を見ていきましょう。

 

なんと、水中の中途半端な部分で停止する卵を発見しました。

 

水草に引っかかるわけでもなく、水槽のフチや底などにくっつく訳でもない。

 

なんだか不思議な卵です。

 

どういった原理なのでしょうか・・・?

 

もしや、もう水が粘り気を帯び始めているのか!?

 

水がドロっとしているなら、卵が水中の中途半端なところで止まる事も、あるかもしれません。

 

念の為、ピンセットで水面を少し触って見ましたが、糸は引いていませんでした。

 

これ以上・・・考えても、答えは出そうにありません。

 

不思議な卵もあるもんだなー、と言った感じでスルーしようと思います。

絶妙な位置で停止する卵2

カブトエビ日記シーズン4卵投入2日目卵2

なんと、絶妙な位置で止まる卵がまだありました。

 

画像では水草に引っかかっているようにも見えますが、角度を変えてよく見てみると、水草にくっついてないのです。

 

一体どういう事なのでしょうか。

 

だんだんと不安になってきました。

 

カブトエビ飼育環境を再構築するたび、今までと違うことが起こるのはなぜ・・・。

 

無事にカブトエビが孵化して、成長してくれれば問題ないですがね・・・。

 

明日までには、きっと生まれてくれるでしょう!お願いします!

今日のカブトエビ動画

まとめ

カブトエビ飼育環境を再構築して今日で2日目。

 

非常に残念ながら、まだ孵化していませんでした。

 

まだまだ焦る段階ではありません。

 

腰を据えてじっくりと待てばカブトエビは生まれるのです。
※過去に孵化失敗した時も同じこと言ってたような。

 

明日、明後日までに孵化してくれれば、何も問題はありません。

 

難しいのは、むしろ孵化した後。

 

生後4日以上、生きてくれれば少しは可能性があると思うのですが・・・。

 

まだ生まれてないのに、孵化した後の事を想像しても仕方ありませんね。

 

今は、カブトエビが生まれやすい環境維持に努める事のみを考えます。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA