危険な動物

アオバアリガタハネカクシ

アオバアリガタハネカクシとは

アオバアリガタハネカクシ概要

photo by gbohne

アオバアリガタハネカクシの概要

アオバアリガタハネカクシ生態

photo by gbohne

主な栄養源は他の昆虫で、肉食と思われがちだが植物も食べることがある。

 

生息地は湿った地域で、水田や沼、草原などに生息。

 

色鮮やかな見た目どおり、その体液は強い毒素が含まれている。

 

毒素の名前は「ペデリン」。

 

このペデリンは、人間の皮膚につくと時間経過で強く痛む。

 

また、このペデリンが目に入ると激痛と共に様々な症状が起こる。

 

色鮮やかなアリが体を登って来たなら、潰さずに上手く払い除けたほうが良い。

 

ましてや、潰した手で目をこする事が無いよう気をつけること。

アオバアリガタハネカクシの体形

アオバアリガタハネカクシ体型

photo by Udo Schmidt

体の構造

  • 体は4箇所に分かれる
  • 足は6本
  • 触覚が4本

大きさ

  • 6.5〜7mm

アオバアリガタハネカクシの生態

アオバアリガタハネカクシ生態

photo by gbohne

 

習性

  • 明かりに飛んでくる
  • 主に肉食
  • 柔らかい葉も食べる
  • 湿った地域に生息

生息地

オオクロヤブカ分布

出典:prasinos

  • 北海道以外

アオバアリガタハネカクシの危険性

アオバアリガタハネカクシ危険性

photo by Punlop Anusonpornperm

  • 体液は猛毒
  • その名は「ペデリン」
  • 皮膚に付くとミミズ腫れ
  • 目に入ると結膜炎になる
  • すぐに病院へ行く事
  • 明かりに飛んでくる
  • 服についたら慎重に弾く
  • 潰さないよう要注意

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA