カブトエビ日記

カブトエビの飼育日記シーズン4 18日目|カブトエビ誕生から2日目。2匹目のカブトエビを発見!ただ、1匹目のカブトエビが弱ってきている・・・。

カブトエビ日記シーズン4カブトエビ誕生2日目カブトエビ1

今日で、カブトエビが生まれて2日が経ちました。

 

すでに、少し元気がない様子・・・。

 

水も糸が引き引きはじめたし、嫌な予感しかしません。

 

また、死なせてしまうのでしょうか。

 

と、暗いニュースしかないと思っていたところ、2匹目が生まれているのを偶然発見!

 

幸先がいいですね!

 

ただ、心配なのは水質 。

 

糸が引いたという事は、水中が既に粘ついているという証拠です。

 

これはまずい・・・。

 

という事で、少し対策をしました。

 

カブトエビの観察をすると共に、どのような対策をしたのかを一緒に見ていきましょう。

カブトエビの様子

1匹目

カブトエビ日記シーズン4カブトエビ誕生2日目カブトエビ2

まず最初は、生まれて2日目のカブトエビを観察していきましょう。

 

色もしっかり付いていて、健康そうに見えます。

 

・・・が、実はそうでもありません。

 

後に動画を見てもらうと分かるのですが、動きにキレがありません。

 

どことなく、元気が無いような・・・。

 

いきなり、一時停止したり、明日が動いてなかったりと心配な点がいくつもあります。

 

いつ急死してもおかしくない状況に焦りが隠せません。

 

やはり、水質が粘ついてきたのが原因なのでしょうか。

2匹目

カブトエビ日記シーズン4カブトエビ誕生2日目カブトエビ1

1匹目を観察し終えて元気がなくなっていたところ、偶然2匹目を発見!

 

動きにもキレがあり、生命力あふれる姿にテンションがあがりました。

 

しかし、水質は改善されてません。

 

このままでは、この元気なカブトエビまでをも死なせてしまうでしょう。

 

そうなるまえに、対策をしなければいけません。

 

変に環境を触ったら危ないだろうと、放置するとまた後悔する事になるでしょう。

水質が心配

糸を引き出した

カブトエビ日記シーズン4カブトエビ誕生3日目水に粘り気あり

さきほどから「水が糸を引き出した」と言ってきましたが、どのような状況かをお見せします。
※画像は過去のものですが・・・。

 

今現在も、画像のような状況になっているのです。

 

原因は、恐らく水草。

 

やはり、カブトエビ栄養素と水草の相性は悪いようです。

 

水草をたくさんいれて、浄化作用を強めれば大丈夫だろうと思っていたのですが、考えが甘かった。

 

サラサラだった水は、ドロドロのネバネバになってしまったのです。

 

このままではカブトエビが死んでしまうのも時間の問題。

 

早急に対策する必要があります。

少しだけ水を交換

カブトエビ日記シーズン4カブトエビ誕生2日目水槽清掃

こんな事もあろうかと、水を最初から多めに入れておいて正解でした。

 

水槽の8分目ほど入れておけば、少々水を換えてもカブトエビが死んでしまうことは無いでしょう。

 

生後2日目でいきなり水を入れ替えるのは少し勇気が必要ですが、なりふり構っていられません。

 

ネバネバを少し取り除いた後、水を水槽の1/10ほど入れ替えました。

 

使用した水は、水道水を3日ほどおいてカルキを無力化したものです。

 

ただ、水を入れ替えたは良いのですが、どうもネバネバが改善されてない様子。

 

もっと水を入れ替える必要がありそうですが、これ以上は危険と判断してストップ。

 

明日、カブトエビの様子を見ながら、また水槽の1/10ほど水を入れ替えたいと思います。

削り節を投入

カブトエビ日記シーズン4カブトエビ誕生2日目削り節

エサをこまめに与えて早く大きくしたいので、削り節をエサとして投入。

 

回収もしやすいので、水中に残って腐ってしまう事もないでしょう。

 

問題は、カブトエビが全然削り節に食いつかない事。

 

本当に雑食か?と思うほど、削り節を無視します。

 

なんなら、削り節を足場にしてただ泳ぎ回っているだけという無視っぷり。

 

早く大きくならなければ、またカブトエビが死んでしまう・・・。

 

体が小さく、環境の変化に弱い時期は早く突破してほしいです。

今日のカブトエビ動画

まとめ

今日はカブトエビが生まれて2日目ですが、最初に生まれたカブトエビに元気がありません。

 

いつも、このくらいの大きさになると死んでしまうので、かなり心配です。

 

新たにもう1匹カブトエビを発見したといえど、素直に喜ぶことができません。

 

1匹目のカブトエビが弱っている原因を突き止めていないからです。

 

おそらくは、水質がドロドロしているのが原因だろう、という見解はだしました。

 

水を少しだけ換えたのが、仇とならなければいいのですが・・・。

 

不安に思いつつも、観察を続けて明日報告したいと思います。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA