カブトエビ日記

カブトエビの飼育日記シーズン5 5日目|ついにカブトエビ誕生。しかし、弱っている。

カブトエビ日記シーズン5カブトエビ飼育5日目カブトエビ

今日はカブトエビの卵をセットして5日目。

 

今回は孵化しないか…と思っていたのですが、ついに孵化しました!

 

2匹のカブトエビらしき白い物体があったので、てっきり2匹生まれるのだとばかり思っていたのですが…。

 

結果、生まれたのは1匹だけ。

 

生まれたのは嬉しいのですが…続きは本文でお話したいと思います。

 

それでは、今日のカブトエビ記録をご覧下さい。

1匹のカブトエビ誕生

カブトエビ日記シーズン5カブトエビ飼育5日目カブトエビ

セットして5日目にして、やっと生まれたカブトエビ。

 

待ちくたびれたよ!やっとだよ!

 

と喜んでいたのに…なんだか動きが…おかしいのです。

 

このサイズなら、もう水中を自由に泳ぎ回っていていなければ、健康とはいえません。

 

このカブトエビは、水中を泳がず、一箇所にとどまって苦しそうです。

 

なぜ?また死なせてしまうのか?

 

原因を調べるべく、水槽内をくまなく見てみると、最悪の状態だったのです。

水槽の糸状のコケ発生

カブトエビ日記シーズン5カブトエビ飼育5日目コケ

画像は、サーモスタットのセンサー付近を撮影したものです。

 

なんと、糸状のコケが発生しているではありませんか。

 

このコケは、水草を入れた時に発生した最悪のコケ。

 

少しでもカブトエビがこのコケにくっつくと、泳ぎがもともと下手なカブトエビの赤ちゃんにとって致命傷となりえるので危険なのです。

 

今回は水草を入れてないのに、どうしてコケが発生したんだ?

 

少し考えてみたところ、「卵」が原因なのでは、と答えが出ました。

 

というのも、今回使用した卵は、今まで使っていたものを流用したものです。

 

なので、前の水槽に残っていた汚れが卵にも付着していて、その汚れが今回の水槽内に入ってしまったのでは?と推測。

 

少しでも汚れが付いていると、大量のコケとなってカブトエビを死なせてしまうんですね…。

 

今回の反省点です。

 

卵を流用するときは、入念に水洗いして汚れを落としてから使いましょう、という事を学びました。

ゾウリムシは順調

カブトエビ日記シーズン5カブトエビ飼育5日目ゾウリムシ

カブトエビはすぐ死んでしまうのに…エサとするゾウリムシは順調すぎるほどに成長しています。

 

ただ、放置しすぎると全滅してしまうらしいので、2週間ほど経過したら栄養を入れて、ペットボトルをシェイクしたほうが良いようですね。

 

ペットボトルをシェイクする事に関しては、1日に最低1回は行ったほうが良いでしょう。

 

ペットボトルの底に沈んだ栄養を全体に行き渡らせる為と、水中に酸素を溶け込ませるためです。

 

しかし、振りすぎるとゾウリムシが弱ってしまうので、1日に何回も振るのは止めておきましょう。

 

なぜなら、ゾウリムシは水が流れる環境に弱いからです。

今日のカブトエビ動画

まとめ

今日はカブトエビ卵をセットして5日目。

 

ようやくカブトエビが生まれてくれたのに、どうやら動きがおかしい…。

 

調べてみると、水槽内に糸状のコケが発生していたのです。

 

原因は、おそらく流用していたカブトエビ卵についていた汚れ。

 

不覚です…こんな事で、カブトエビを死なせてしまうかも…。

 

まだ希望は捨てたくありませんが、この状態になってから復活したカブトエビを見たことがありません。

 

また絶望を味わうのかな…悲しい。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA