カブトエビ日記

カブトエビの飼育日記シーズン5 14日目|カブトエビ誕生3日目、4匹いたカブトエビはいつの間にか3匹に。しかも、3匹のうち1匹が瀕死。

カブトエビ飼育のコツ孵化2日後

カブトエビが生まれて本日で3日目。

 

成長スピードが凄まじく、昨日と比べ1.5倍ほど大きくなったと感じます。

 

とても順調に成長していますね、これからがとても楽しみですね。

 

しかし、順調に成長しているカブトエビがいる中で、生き残れなかったカブトエビも。

 

全体で4匹いたカブトエビは、いつのまにか3匹になっていました。

 

しかも、その3匹のうち1匹に予期せぬアクシデントが発生。

 

最悪の結末は避けられないかもしれません。

 

それでは、本日のカブトエビ日記をご覧ください。

生き残ったカブトエビ

昨日より1.5倍ほどの大きさに

カブトエビ飼育のコツ孵化2日後

ものさしで測っていないので、あくまで感覚です。

 

昨日より1.5倍ほど大きくなっていると感じました。

 

足のワシャワシャ具合もすごくなっているように思います。

 

目も2つあるとハッキリ分かるようになり、あとは色がつけば姿形は完璧なカブトエビとなります。

 

生後1週間の成長スピードは凄まじいと聞いているので、今後の成長がとても楽しみ。

 

健康で元気に成長してほしいです。

長いフンをしている

カブトエビ日記シーズン5カブトエビ飼育14日目長いフン

画像中央を見ると、なにやら細い線がカブトエビのお尻?から出ているのが分かりますね。

 

これは間違いなくフンでしょう、とても長いですね。

 

フンをするという事は、水中に入れた栄養素をしっかり食べているという事。

 

安心しました、カブトエビはまだ小さいので、食事を取っているのか心配だったのです。

 

エサは、いつ頃あげはじめればいいのだろう…。

 

明日くらいに、少しずつ与えてみて、様子を見ようと思います。

卵が張り付いている

カブトエビ日記シーズン5カブトエビ飼育13日目卵が張り付いている

3匹のうち、1匹のカブトエビに不幸な事が起こりました。

 

体に卵が張り付いたのです。

 

この状態のカブトエビはとても動きづらそうで、弱ってきています。

 

ここで手を加えると、カブトエビを傷つけてしまい、かえって弱らせてしまうでしょう。

 

なんとか卵を体から引き剥がして、元気を取り戻す事を願う他ありません。

 

…ただ、この状態になったカブトエビが元気を取り戻した事がないので、状況は絶望的でしょう。

 

見ている事しか出来ないのが悔しいです。

カブトエビの飼育水を1/3追加

カブトエビ飼育のコツ水を追加

カブトエビ飼育水をセットして今日で4日ほど経ったでしょうか。

 

水が減りが気になりますし、臭いも少し出てきました。

 

そろそろ、水を追加しても良い頃合いでしょう。

 

今ある水の1/3ほど、新しい飼育水を追加します

 

カルキを抜いておくのは当たり前として、水温を合わせるのも忘れてはいけません。

 

誤差は1℃に抑えるつもりで素早く丁寧に水を追加しましょう。

 

カブトエビのストレスを最小限に抑えるのです。

 

説明書には生後1週間経過してから水を追加せよとありますが、それでは水質悪化が酷くなり、水を換えるリスクより換えないリスクの方が大きくなるでしょう。

 

少しずつであれば、カブトエビが急死する確率は低いです。

 

  • 今ある水の1/3
  • 水温を合わせる

 

この2つを守れば、生後3日目に水追加をして問題ないでしょう。
あくまで個人的な意見です

今日のカブトエビ動画

まとめ

カブトエビ誕生から3日目。

 

全体で4匹いたカブトエビは3匹に減ってしまいました。

 

しかも、3匹中1匹の状態が非常に悪い…。

 

悲しいですが、生き残る可能性があるのは2匹と見て間違いありません。

 

孵化したカブトエビが100%生き残る方法はないのでしょうか。

 

現状、弱って死んでいくカブトエビをただ見守るしか出来ないので、とても辛いです。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA