カブトエビ日記

カブトエビの飼育日記シーズン5 18日目|カブトエビ誕生7日目、魔の1週間を超えて、丈夫な個体へと成長しました。

カブトエビ日記シーズン5カブトエビ飼育18日目仲ば良いカブトエビ

カブトエビが誕生が誕生して、ついに7日目を迎えることが出来ました!

 

生後1週間の間は死亡率が最も高く、1番ドキドキする期間なのです。

 

その危険な時が、今日、ようやく終わる…。

 

そろそろ、真剣に新しいお引越し先(大きな水槽)をどこにするか考えないといけませんね。

 

それでは、本日のカブトエビ日記をご覧ください。

カブトエビはとても元気

カブトエビ日記シーズン5カブトエビ飼育18日目元気なカブトエビ

2匹のカブトエビたちは今日も元気に、ぶつかりあっています。

 

この調子で激突を繰り返していると、そのうち弱ってしまうのでは?

 

かなり心配です…水槽が狭いのが原因でしょうか。

 

やはり、大きな水槽にお引越しさせた方が良いのかもしれません。

 

水深は深くても良いのか、浅いほうが良いのか…。

 

高さよりも、縦横の幅が広いほうが良いのか…分かりませんね。

 

水深は浅いほうが良い、というのは、おそらく泳ぎが下手な赤ちゃんの時だけの事でしょう。

 

迷いますね…どんな水槽を飼おうかな…。

カブトエビに削り節を与えてみた

食いつきが良い

カブトエビ日記シーズン5カブトエビ飼育18日目削り節を食べるカブトエビ

本日は、付属のエサだけでは無く、削り節も与えてみました。

 

すると素早く飛びついて、削り節にかじりついたのです。

 

嬉しそうに食べてる姿を見て、とてもうれしく思いました。

 

ただ、1〜2時間経過しても、削り節のほとんどが残っていたので、食べるのが難しいのかもしれません。

 

削り節って、そんなに硬い食べ物なのでしょうか。

 

次は、食べやすいように、柔らかく茹でたうどんを与える事も検討します。

仲良くなった2匹

カブトエビ日記シーズン5カブトエビ飼育18日目仲ば良いカブトエビ

削り節を与えてしばらく様子を見てみると、なんと2匹が近くに寄り添っていたのです。

 

エサに夢中だと、お互いの距離が近くても気にしないんですね。

 

しっぽが頭に触れていても、無視してエサを食べ続けています。

 

カブトエビは共食いもすると言われているので、この距離だと少し怖いですが…。

 

エサを毎日与えているので、おそらく大丈夫ですよね、そう信じます。

 

ある日、頭が欠けたカブトエビが横たわっていた…なんて事がありませんように…。

今日のカブトエビ動画

まとめ

カブトエビが生まれて7日が経過。

 

峠は超えたと言っても良いでしょう、よほどの事がない限り死亡しないと思います。

 

あとは、無事に大き水槽へお引越しが出来れば問題なし。

 

一気に環境が変わらないよう、少しずつ水を慣らしていくのですが…急死しないか心配でなりません。

 

ここまできてカブトエビが全滅してしまったら、今度こそ心がへし折られるかも…。

 

お引越し作業は、慎重に丁寧に行わなければいけませんね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA