カブトエビ日記

カブトエビの飼育日記シーズン5 28日目|カブトエビ卵投入3日目、カブトエビ、未だ生まれず。

カブトエビ日記シーズン5カブトエビ飼育28日目水を撹拌

カブトエビの卵を水に入れて今日で3日目。

 

なんと…まだカブトエビは孵化していません。

 

前回は孵化に失敗したので、今回は孵化すると思っていたのですが…残念です。
※無茶な思い込み

 

明日まで待ってみて、孵化しないようであれば…また卵を入れ替えようかな…。
※新しい卵はまだ無い。

 

それでは、今日のカブトエビ日記をご覧ください。

カブトエビ生まれず

変わらず卵のまま

カブトエビ日記シーズン5カブトエビ飼育28日目卵のまま

3日経っても卵のまま…それは、もう二度と孵化しないという事を意味する。
※言い過ぎ

 

それは言い過ぎだとしても、今回の入水では厳しいような気がします。

 

1度、乾燥させないと孵化スイッチが入らないでしょう。

 

あと1日は待ってみますが…それでも孵化しなければ、次の乾燥卵と入れ替えです。
※ちなみに準備OKな次の卵はありません

 

なんとしても!明日までに!孵化してほしいです!

水温が24℃になっていた

カブトエビ日記シーズン5カブトエビ飼育28日目水温が24℃に上昇

卵に孵化しろと言っている割には、管理が甘かった…これは反省点です。

 

今日は少し外出をしていて、部屋を閉め切った状態でした。

 

それに、季節は冬なので、そこまで水温が上昇しすぎる事はないだろうと思っていました…むしろ、水温低下を恐れるのが普通でしょう。

 

しかし…いざ帰宅して水温を確認してみると…なんと24℃まで上昇していたのです。

 

なぜだ!つい叫んでしまいましたね。

 

ヒーターの設定温度は20℃前後にしていたはず…設定に間違いない事も確認しました。

 

残る原因は、室内の気温が高くなった事による水温上昇です。

 

少しモワッとしたものの、室内はそこまで暑く感じなかったのに…。

 

しかし換気をすると、見事に水温が20℃前後にキープされました。

 

原因は室内の気温上昇で間違いありません。

 

小さい水槽での水温管理…難しいなぁ…。

水を撹拌させる

カブトエビ日記シーズン5カブトエビ飼育28日目水を撹拌

孵化しなかったのは水温管理不足だった感は否めませんが、卵への刺激不足である事も考えられるでしょう。

 

なので、水温を元の20℃に戻した後は、水撹拌による卵への刺激を与えます。

 

スポイトで激しく水槽内の水をシュポシュポさせるのです。

 

5分ほど行ったでしょうか…とても疲れました…カブトエビ飼育は重労働ですね。

 

この刺激によって、明日には孵化してくれると嬉しいのですが…。

 

現実はそう甘くないような気もします。

 

あとは、神頼みしかありません!お願いします!カブトエビを孵化させてください!
※だいたい叶わない

今日のカブトエビ動画

まとめ

カブトエビの卵を投入して3日目、まだカブトエビは孵化していませんでした。

 

水温管理に甘いところがあり、今回も孵化しない気がしてきました。

 

最終手段として、水撹拌による刺激を与えて孵化を待ちます。

 

この状態まで追い込まれると、孵化しないことがほとんど。

 

あまり悪あがきせず、卵を回収して乾燥させておいた方が良い気もしますが…。

 

あと少しだけ、あがきます。

 

あと1日だけ…。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA