カブトエビ日記

カブトエビの飼育日記シーズン5 36日目|カブトエビ誕生7日目、昨日と比べ、かなり落ち着いています。逆に弱ってないか心配です。

カブトエビ日記シーズン5カブトエビ飼育36日目カブトエビの砂かき

カブトエビが誕生して7日目。

 

1匹だけになったカブトエビは、今日も生き残ってくれました。

 

嬉しいですね、死亡しやすい最初の1週間を突破です。

 

このまま、何事もなく産卵を迎えてくれると良いのですが…。

 

それでは、本日のカブトエビ日記を御覧ください。

カブトエビの様子

すごく大人しい

カブトエビ日記シーズン5カブトエビ飼育36日目大人しいカブトエビ

昨日は、水槽内を暴れるように泳いでいましたが、今日はとても大人しくて元気がありません。

 

静かに水槽の底を滑るように移動しているだけです。

 

カブトエビの元気さを見極めるポイントは何なのでしょうか…。

 

常に水槽内を高速で泳ぎ回っているのも変ですし、逆に心配になりそうな気もします。
※昨日は確か、落ち着きがないと心配してた

 

痙攣(けいれん)している訳では無いので、じっとしていても良いのかもしれません。

足は動いている

カブトエビ日記シーズン5カブトエビ飼育36日目カブトエビの砂かき

水槽の底でじっとしてはいますが、後ろ足はしっかりと動いています。

 

細かい砂であれば、引っ掻き回せるほど活発に動いているので、大丈夫だと思いたい…。

 

いきなり死亡は、もう見たくありません。

 

カブトエビに少し変化があるたび、急死しないかビクビクしますね。

 

頑丈な体になったはずなので、もう少しリラックスして飼育に臨みたいと思います。

カブトエビ水槽の様子

水の濁りは相変わらず

カブトエビ日記シーズン5カブトエビ飼育36日目水槽の水が濁る

少し前から発生しているモワァっとした水の濁りは、相変わらず残っています。

 

もう、多少の水換えでは取れない気がしてきました。

 

大量に水替えしないと、おそらく残ったままでしょう。

 

そうなると、カブトエビへのストレスが心配ですね。

 

なので、少し水が汚れていてもカブトエビは平気と判断し、この濁り具合のまま飼育を続けます。

 

キレイすぎる水質より良いと思うので、水換えは少しずつで問題ないでしょう。

臭いが少し気になってきた

カブトエビ日記シーズン5カブトエビ飼育36日目水槽の水に臭いが出てきた

水の濁り具合について特に変化はありませんが、臭いが良くありません。

 

魚を飼育している時の臭いが強くなってきています。

 

やはり、水質悪化は早いですね、水が少ないのも水質悪化を早める要因の1つだと言えるでしょう。

 

水槽を大きくし、水を増やして水質と水温を安定させてあげる事が、カブトエビの長寿を手助けする事に繋がるはず。

 

もう少しカブトエビが大きくなってきたら、新しい水槽へ引っ越しを検討します。

カブトエビ水槽を新しく用意

カブトエビ日記シーズン5カブトエビ飼育36日目新しい水槽を用意

新しい飼育容器は、次の条件が絶対でした。

  • 丸みを帯びていない(撮影しやすい)
  • 大きすぎない(今までの飼育水を濃く引き継げる)
  • フタがある(水の蒸発と水温維持)
  • 良い感じの穴がフタにある(エサを与えやすい)

挙げてみると、以外に条件が厳しいなと思います。

 

なかなか見つからないだろうなと思っていたのですが…すぐ見つかり、全然苦労しませんでした。

 

プラスチックのティッシュケースです。

 

良い感じの大きさで、直方体、しかも開閉できる穴のついたフタ付き…完璧すぎる。

 

パネルヒーターの発熱部より一回りほど大きいサイズの容器ですが、パネルヒーターは2Lまでの水量であれば使用できるので、問題ありません。

 

今回の引っ越しは、成功しそうな気がします!
※3日後の予定。

今日のカブトエビ動画

まとめ

カブトエビ誕生7日目。

 

ほぼ何も問題なく成長してくれました。

 

少しおとなしすぎるのが心配ですが…。

 

足はしっかり動いているので、元気だと思います。

 

このまま、次のビッグイベントである引っ越しも無事に出来ればいいな…。

 

以前は引っ越しに失敗して全滅(2匹いたが死亡)しているので、少しトラウマです。

 

元気に新しい容器へ引っ越せるよう、祈ります。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA