カブトエビ日記

カブトエビの飼育日記シーズン6 4日目|カブトエビ卵投入4日目、もう今回は孵化しないと判断して諦めます。

カブトエビ日記シーズン6カブトエビ飼育4日目フチに集まった卵

カブトエビ卵投入4日目。

 

卵は未だに孵化していません。

 

これ以上待っても、もう孵化する事は無いでしょう

 

新しい卵と交換するべきかもしれません。

 

今の容器もだんだん湿気で曲がってきているので、ついでに新しい容器も用意しようと思います。

 

それでは、本日のカブトエビ飼育日記を御覧ください。

カブトエビ水槽の様子

寂しい水槽内

カブトエビ日記シーズン6カブトエビ飼育4日目寂しい水槽内

このような寂しい水槽内を撮影して何日目でしょうか。

 

辛いですね、何も反応がないと。

 

水に使って4日目にもかかわらず、全く孵化しないのであれば、もう答えは出たも同然です。

 

この卵たちが孵化する事は無いでしょう。

 

潔く諦めて、回収したいと思います。

 

新しい環境が整うのは明日なので、卵投入も明日にする予定です。

水槽のフチに集まる大量の卵

カブトエビ日記シーズン6カブトエビ飼育4日目フチに集まった卵

孵化しない卵たちを観察していると、水槽のフチに大量の卵がくっついてるのを発見しました。

 

この状態は非常に良くないですね。

 

このまま水が蒸発して水位が下がると、このフチについた卵たちは水上に出てしまうのです。

 

すると乾燥してしまい、孵化する確率は0%に。

 

  • 霧吹きでシュッシュ
  • スポイトで上から水を垂らす
  • 棒でかき混ぜる
  • スポイトで水を噴射する

※詳しい方に伺いました。

 

以上4つの方法を使って卵が水槽のフチにくっつくのを防いだほうが良いでしょう。

 

少しでも孵化率を上げて、累代飼育を成功させるのです。

新しい水槽を用意

少し大きめの容器

カブトエビ日記シーズン6カブトエビ飼育4日目新しい水槽を用意

新しい飼育容器は、もう準備完了。

 

あとは、観察しやすいように「水槽を置く台」と「水槽を回す丸い台」を用意すれば完璧だと思います。

 

明日には全ての準備が整うので、卵投入はその時に行う予定です。

 

少し難点を挙げるとすれば、水の揺れが大きいことでしょうか。

 

近くを少し歩いただけで、水面がユラユラと揺れ続けます。

 

全体的な水量が多くなったので、水が共振しているのだと思いますが…。

 

この揺れ、カブトエビの赤ちゃんは耐えられるでしょうか。

 

少し不安になってきました…。

セパレート構造

カブトエビ日記シーズン6カブトエビ飼育4日目セパレートのある水槽

以前、カブトエビがたくさん孵化した時に、共食いが発生してほぼ全滅してしまいました。

 

それを防ぐため、今回はセパレート出来る容器を選択。

 

2つに分けた容器内の両方で孵化した場合、最大規模の共食いが発生しても、2匹は生き残れるようになるでしょう。

 

このやり方が正解なのか分かりませんが…とりあえず、やってみるしかありません。

卵投入は明日の予定

カブトエビ日記シーズン6カブトエビ飼育4日目カブトエビの卵

今回、購入したキットに入っていた卵の袋を確認したところ…ほとんど卵が入っていませんでした。

 

いわゆる、ハズレを引いてしまったわけです。

 

速攻で卵の再注文カードを送付してきました。

 

もしかすると、10個も入ってないかもしれません。

 

孵化すれば奇跡なのでは?と言えるほどの少なさ…。

 

文句を言っても仕方ないので、明日、この少ない卵達を水の中に投入します。

 

なんとか孵化してくれれば良いのですが…。

カブトエビ動画

まとめ

カブトエビ卵投入4日目。

 

残念ながら卵は孵化しなかったので、この卵での孵化は諦めるしか無さそう…。

 

いつになったら、カブトエビを立派に成長させられるのやら。

 

新たな卵、新たな容器を用意して、次こそ累代飼育を成功させたいです。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA