カブトエビ日記

カブトエビの飼育日記シーズン6 9日目|カブトエビ誕生2日目。卵に絡まっていたカブトエビは、何とか脱出したようです。

カブトエビ日記シーズン6カブトエビ飼育9日目水面に居るカブトエビ

カブトエビ誕生2日目。

 

昨日、卵に引っかかって、死亡するのではと思っていたカブトエビは、なんとか生きていました。

 

今は自由に水槽内を泳いでいますが…泳ぎにくそうにしていて、万全の状態とは言えません。

 

たった1匹のカブトエビは、立派に成長してくれるのでしょうか…。

 

それでは、本日のカブトエビ日記をご覧ください。

カブトエビの様子

絡まっていた卵から脱出していた

カブトエビ日記シーズン6カブトエビ飼育9日目水面に居るカブトエビ

昨日は、底に沈んでいた卵の抜け殻に引っかかって、ずっと動けずにいたカブトエビ。

 

今日、確認してみると、なんと水面を泳いでいました。

 

良かった、無事に卵から脱出できたんですね…。

 

ただ、水面を泳いでいるといっても、少しぎこちない動きをしています。

 

その場でクネクネしており、たまに少しだけ移動する、といった感じの動き。

 

生後2日目ともなると、もっとスイスイと水槽中を泳いでいても良いと思うのですが…。

 

とはいえ、動きが弱々しいかと言われると、そうではないので、全然問題ないかと思われます。

 

この調子で、立派に成長して欲しいですね。

また何かに絡まっている?

カブトエビ日記シーズン6カブトエビ飼育9日目何かに絡まっているカブトエビ

しばらく様子を見ていると、またしても水槽の底でクネクネしていました。

 

また、地面にある何かに絡まったのでしょうか。

 

多いですね、生後まもない期間は泳ぐ力が弱いので、仕方ない事ですが…。

 

このような状況は死ぬか生きるかの状況なので、見ているこちらまで手に汗握ります。

 

脱出に失敗イコール死を意味するので…気が抜けません。

 

生後5日目までは、この「絡まって動けない状況」が何度も発生するので、飼育者が何も悪くなくても、運悪く死亡するのは覚悟しておいたほうが良いでしょう…、辛いですけどね。

昨日と比べて少し大きくなった

 

昨日と今日とで、カブトエビの成長具合を比べようと思ったのですが…分かりにくくて仕方ありません。

 

自由に動けるようになったカブトエビを上手く撮影するのは難しいので、同じような構図、距離感で撮影するのは、ほぼ無理なのです。

 

体の形や長さなどを比べてみると、なんとなく大きくなったのが分かりますね。

 

ウネウネと動く姿を見るに、後ろ足が生えてきたのかな?という事も分かります。

 

順調に成長していますね…感動しました。

 

すぐに、何かに引っかかる事さえしなければ、より良いのですが…そう上手くはいきませんね。

カブトエビ水槽の水が汚れている

カブトエビ日記シーズン6カブトエビ飼育9日目飼育水が汚れている

これは、栄養を入れる前の段階で気になっていた事ですが…。

 

水面に、膜のような物がびっしりと敷き詰められるように広がっています。

 

飼育キット付属の卵と砂を投入した翌日には段々と膜が張りはじめたので、付属の砂か卵に、水質を悪化させる何かが入っていたのでしょう。

 

とはいえ、水が濁ったり、臭いが強くなったりはしていないので、そこまで問題は無いと思います。

 

生後1週間までは、なるべく水を追加したくないので…水質悪化は極力、避けたい。

 

水面にはびこる汚れは酸素が水中に溶け込むのを邪魔するので、カブトエビが成長してきたら取り除いたほうが良いでしょう。

カブトエビ追加卵を投入

3セットも届いた

カブトエビ日記シーズン6カブトエビ飼育9日目3セットも届いた追加注文卵

飼育キットの説明書にある注文カードで卵を再注文していたものが、今日届きました。

 

なんと、3セットも届いたのです。

 

今まで再注文してきた中で1番多い数…これには驚きました。

 

何回失敗してるんだ!と思った飼育キット関係者の方が、哀れみを感じてサービスしてくれたのでしょうか…しかも、500円分の切手は返します、との事。

 

もう何回目か分からないほど卵を再注文しているので、本当に覚えられてしまった可能性があって、もうお金はいいよ、と言われたに違いありません。
※真実は担当して頂いた方のみぞ知る

 

ここまでして頂いたら、なんとしても今回で成功させなければいけませんね。

 

頼む、カブトエビ…!環境は問題ないはずなので…なんとか立派に成長しておくれ!

水槽の仕切り右側へ投入

カブトエビ日記シーズン6カブトエビ飼育9日目水槽の右側に追加注文分の卵を投入

3袋とどいたうちの1つを、何も投入していない仕切り右側に投入しました。

 

卵の数は、最初に投入した左側の卵数よりも数段多かったです。

 

なので、問題なく孵化してくれると信じています。

 

これで孵化しなかったら…運が悪いとしかいえません。

 

生物を飼育するうえで絶対はありませんし、環境を整えたのなら、あとは見守るしか出来ないのも事実。

 

孵化しなかったらどうしよう、と心配しても仕方ないので、どっしりと腰を据えて、孵化の瞬間を待てばいいのです。
※頼む孵化してくれえええええ

 

あと3日も待てば、問題なく孵化するでしょう。します。

カブトエビ動画

まとめ

カブトエビ誕生2日目。

 

卵に引っかかっていたカブトエビは、なんとか脱出して、順調に成長しているようでした。

 

ぎこちない動きをしているのが心配ですが…気にしていても仕方ありません。

 

環境は問題ないのです、どっしりと構えていればOK。

 

もし死んでしまったら、泣くだけです。

 

追加注文していた卵も無事に到着し、今のところは順調といえるでしょう。

 

あとは、生まれたカブトエビが立派に成長してくれれば完璧。

 

今度こそ、カブトエビ累代飼育を成功させるのです。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA