カブトエビ日記

カブトエビの飼育日記シーズン6 11日目|カブトエビ誕生4日目。初日に孵化したカブトエビは順調に成長しており、追加で2匹生まれました。

カブトエビ日記シーズン6カブトエビ飼育11日目体が茶色いカブトエビ

カブトエビ誕生4日目。

 

カブトエビは元気に水槽内を泳いでいて、健康そのものです。

 

体に色もついてきて、しっかりと成長できている様子。

 

この調子であれば、死亡しやすい魔の生後1週間を超えられるでしょう。

 

それでは、本日のカブトエビ日記をご覧ください。

生後4日目カブトエビの様子

体の中心が茶色い

カブトエビ日記シーズン6カブトエビ飼育11日目体が茶色いカブトエビ

昨日もお話した、カブトエビの体の中心に色が付いている現象。

 

昨日よりも色が濃くなってきて、しっかりと成長できている証拠だと思います。

 

足もしっかり動いており、弱った様子は全くありません。

 

ただ、カブトエビは生後1週間までの期間が最も死亡しやすいので、気を抜かずに見守ります。

 

付属のエサは、もう少し体が大きく成長し、口が発達した後で与える予定です。

 

しっかりとエサを食べられれば、生命力はどんどん強くなるでしょう。
※あくまで経験上

 

そうなれば、水温管理不足や、水換えのし過ぎ等のミスをしなければ、簡単に死ぬことは無いと思います。

口がオレンジ色に

カブトエビ日記シーズン6カブトエビ飼育11日目口がオレンジ色のカブトエビ

画像のカブトエビは左を向いています。

 

1番左端に黒い2つの目があり、そのすぐ右側にオレンジ色の2つの点が見えるでしょうか。

 

それがカブトエビの口で、左右に動いています。
※ぜひ動画もご覧ください。

 

だんだんと口が発達してきているので、あと数日もすれば付属のエサも食べることが出来るはず。

 

カブトエビが孵化した初期の段階で投入した栄養が水槽内に残っているので、エサが無くとも餓死はしばらくしないでしょうが、エサの方が栄養豊富でしょう。

 

早い段階で飼育キット付属のエサを食べてもらう事が、カブトエビの死亡しやすい時期を脱する秘訣といえます。

 

早く大きく成長して、頑丈な体になってほしいです。

生後2日目カブトエビの様子

何かに引っかかっている

カブトエビ日記シーズン6カブトエビ飼育11日目何かに引っかかったカブトエビ

水槽仕切り右側を見てみると、少し成長しているカブトエビを発見しました。

 

昨日、発見したカブトエビだと思われます。

 

孵化したのは嬉しいのですが…何かに引っかかっていて、万全の状態とはいえません。

 

ただ、ガッツリ体に絡まっている感じではないので、死亡に直結する事は無いでしょう。

 

体が成長すると、自然に脱出すると思います。

 

足がしっかりと生えているので、明日には自由に水槽内を泳ぎ回る様子が見れるのではず。

3匹目が生まれていた

カブトエビ日記シーズン6カブトエビ飼育11日目3匹目のカブトエビ

観察を続けていると、なんと3匹目のカブトエビを発見しました。

 

水槽の右側では2匹孵化していたんですね。

 

このカブトエビは、何かに引っかかっておらず、水槽内を堂々たる泳ぎで移動しています。

 

しっかりと足も動いているので、あとは栄養を少しずつ投入していけば、問題なく成長してくれるでしょう。

 

形と大きさを見る限り、生後2日目くらいだと思います。

 

このまま、立派なカブトエビに成長してくれると良いのですが…。

カブトエビ水槽右側に栄養投入

カブトエビ日記シーズン6カブトエビ飼育11日目水槽の右側に栄養を投入

水槽仕切り右側にカブトエビの存在を確認できたので、栄養を投入していきます。

 

いつもどおり、水質悪化を考慮して少しずつ3回に分けての投入。

 

一気に投入すると、水がとても濁ってしまうのです。

 

白くモヤモヤとした物体も大量に発生して、カブトエビの赤ちゃんがモヤモヤに絡まって死亡するリスクも高くなる…。

 

なので、栄養は少しずつ投入する方が良いと思います。

カブトエビ動画

まとめ

カブトエビ誕生4日目。

 

毎日が死と隣合わせのカブトエビを観察するのは、とても緊張しますね。

 

なんとか4日目まで生き残ってくれています。

 

このまま、生後1週間を超えて、元気なカブトエビに成長してくれると信じています。

 

明後日くらいには、エサも与え始めて良いでしょう。

 

しっかりとエサを食べて大きくなり、死亡しやすい期間を早く脱してほしいです。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA