カブトエビ日記

カブトエビの飼育日記シーズン6 12日目|カブトエビ誕生5日目。新たに1匹生まれて、全部で4匹に。しかし、1匹が弱ってきている。

カブトエビ日記シーズン6カブトエビ飼育12日目フンをしているカブトエビ

カブトエビ誕生5日目。

 

今のところ死亡者は0で、とても順調に飼育できています。

 

しかし、1匹だけ元気がありません。

 

息を引き取るまで、時間の問題でしょう。

 

助けてあげられないのが、とても悔しいです。

 

せめて、元気を取り戻すよう祈ります。

 

それでは、本日のカブトエビ日記をご覧ください。

カブトエビ水槽左側にゾウリムシが自然発生

カブトエビ日記シーズン6カブトエビ飼育12日目ゾウリムシが自然発生

いきなりカブトエビ以外の話題で申し訳ないです。

 

カブトエビ水槽の仕切り左側を撮影していると、カブトエビ以外の生き物を発生。

 

なんとなく気づいてましたが、そこまで気に留めていませんでした。

 

じっくり観察して、形と動きを見る限り、この生き物はゾウリムシです。

 

今までは意図的にゾウリムシを投入いていましたが、今回は何もしていません。

 

予想では、飼育キット販売元の会社から送られてきた卵の中に、休眠していたゾウリムシが混入していたのでしょう。

 

飼育キットのカブトエビは自然環境に近い場所で飼育されているとの事なので、十分考えられる事です。

 

ゾウリムシは、思っていたより生命力が高いんですね。

 

大きさ的に、カブトエビの活餌として丁度いい大きさ。

 

カブトエビの成長に強力してもらおうと思います。

 

繁殖力も高いので、食欲旺盛なカブトエビにピッタリの活餌ですね。

生後5日目のカブトエビ

長いフンをしている

カブトエビ日記シーズン6カブトエビ飼育12日目フンをしているカブトエビ

それではカブトエビの話題に移ります。

 

まずは健康状態ですが、フンをしっかりしているので、全く問題ありません。

 

体の色や足の動き等を観察する限り、とても健康でたくましいです。

 

完璧ですね…これで死んでしまったら、本当に運が悪いとしかいえません。

 

今回こそは、累代飼育を成功させる事ができそうです。

ゾウリムシを食べている?

カブトエビ日記シーズン6カブトエビ飼育12日目ゾウリムシを食べているカブトエビ

生後5日目のカブトエビをズームで撮影していると、ゾウリムシの集まりに突っ込んで行く様子が多々見られます。

 

これは、ゾウリムシを狙って食べているのだと思うのですが…確信が持てません。

 

というのも、カブトエビの口にゾウリムシが入っている様子がなく、逃げるゾウリムシを追う事もしないからです。

 

なんとなくゾウリムシに近づいて、たまたま口に入った物だけを食べている、という事なのでしょうか。

 

ただ、しっかりとフンはしているので、何かしらは食べていると思います。

 

カブトエビ栄養素を投入しているので、食べている物の大半は、その栄養だと思いますが…。

 

活餌は栄養価が高くて新鮮というイメージがあるので、しっかりと動いているプランクトンを食してほしいです。

生後3日目のカブトエビ

1匹が弱ってきている

カブトエビ日記シーズン6カブトエビ飼育12日目体に何か絡まっているカブトエビ

ここから、カブトエビ水槽仕切り右側の様子を見ていきます。

 

まず1匹目を発見しましたが、全然元気がありません。

 

何かに引っかかっている様子で、必死にもがいています。

 

その動きは弱々しく、今にも活動を止めてしまうのでは、と思うほど。

 

なんとか元気を取り戻してほしいですが…ここまで弱ってしまったカブトエビが元気になった事は見た事がありません。

 

ここで、ピンセットや爪楊枝などでカブトエビに触れると、水流でトドメを刺す事になります…なので見守ることしか出来ません。

 

だんだんと死に近づいていくカブトエビを見るのは悲しいですが、受け入れるしかありませんね。

もう1匹は元気

カブトエビ日記シーズン6カブトエビ飼育12日目体に何かついているカブトエビ

2匹目の様子を見てみると、体に白いモヤモヤがくっついているようですが、弱っている様子はありません。

 

動きづらそうにしていますが、動作の1つ1つに力が入っています。

 

数時間後には、元気に水槽内を泳ぎ回る姿を見ることが出来るでしょう。

 

心配する必要は全くありません。

 

小さいうちは何にでも引っかかるので、ドキドキしながら観察しています。

 

いきなり急死する事が多々あるので、時間を置いて水槽内を確認する時はいつも緊張しますね。

新たなカブトエビが誕生

カブトエビ日記シーズン6カブトエビ飼育12日目4匹目のカブトエビが誕生

水槽仕切り右側の観察を続けていると、ピョコピョコと動く物を発見しました。

 

この動きの挙動は、生後1日目だという事が分かります。

 

1つの命が消えかけている時に、新たな生命が誕生する、カブトエビ飼育ではあるあるですね。

 

しかも、この新たに生まれたカブトエビは動きがとてもパワフルです。

 

今までの飼育日記の中で、1番動きの良い赤ちゃんだといえますね。

 

言葉で表現すると、ピョコピョコ…というより、ピッピッピッ!といった感じで、動きにキレがあります。

 

もし何かに引っかかって動きを封じられたとしても、すぐに引きちぎって脱出するでしょう。

 

動きを見る限りは生命力が高いので、安心して観察できますね。

カブトエビ動画

まとめ

カブトエビ誕生5日目。

 

この5日間、死亡者0を維持してきましたが、その記録も明日で途絶えるかもしれません。

 

水槽仕切り右側で生まれた生後3日目のカブトエビの1匹が、何かに引っかかって弱々しくもがくのを発見したからです。

 

ただ、新たな生命も誕生したので、なんとか平常心を保てています。

 

なんとか、全滅という最悪の事態だけは避けたい…。

 

水質の悪化も酷くないので、この調子であれば何匹かは生後1週間を超えられるはず。

 

今度こそ、カブトエビ累代飼育を成功させるのです。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA