カブトエビ日記

カブトエビの飼育日記シーズン6 13日目|カブトエビ誕生6日目。今まで順調に飼育できていましたが、徐々につらい状況へと変わりつつあります。

カブトエビ日記シーズン6カブトエビ飼育13日目生後6日目

カブトエビ誕生6日目。

 

今まで順調だったカブトエビ飼育ですが、それも長くは続きませんでした。

 

全滅した訳ではありませんが、全体的に弱ってきているのを感じます。

 

ただ、元気なカブトエビも居るので、環境が問題という訳ではないようです

 

なんとか、今いるカブトエビたちが元気に育ってくれればいいのですが…。

 

それでは、本日のカブトエビ日記をご覧ください。

カブトエビ達の様子

生後6日目

カブトエビ日記シーズン6カブトエビ飼育13日目生後6日目

生後6日目のカブトエビは、今日も元気に泳いでいました。

 

フンもしっかりしていて、とても健康的なのが分かりますね。

 

このカブトエビは問題なく成長してくれそう。

 

体も頑丈になってきたので、そろそろエサを与え始めても良い頃合いでしょう。

 

あと2日後には、粒状のエサを小さく砕いて与えたいと思います。

生後4日目

カブトエビ日記シーズン6カブトエビ飼育13日目誕生4日目

生後4日目のカブトエビですが…元気がありません。

 

足の動きが悪く、今にも止まってしまいそうに見えます。

 

フンをしておらず、体も真っ白…食事ができていない証拠です。

 

このままだと、死んでしまう確率がグンと上がるので、なんとかしたいのですが…。

 

食欲不振の原因が分からないので、手の施しようがありません。

 

水質悪化だとしても、水換えは時期尚早であり、全滅のリスクが非常に高いので、したくないです。

 

基本的に、この段階のカブトエビは見守ることしかできません。

 

なんとか、元気を取り戻し、しっかりと食べて成長してほしいです。

生後2日目

カブトエビ日記シーズン6カブトエビ飼育13日目生後2日目

生後2日目のカブトエビは、フンをしているので、食事をして問題なく成長している事が分かります。

 

生後2日目の段階では、まだ体が真っ白でも問題ありません。

 

明日以降、少しずつ色づいてくれば、健康に成長している証です。

 

もし、生後4日目にもかかわらず体が真っ白で、フンもしていないのであれば…残念ですが、死を覚悟するしかありません。

 

なかなか孵化しないし、生後4日目までに死亡する確率も非常に高い。

 

カブトエビ飼育が難しいと言われる理由です。

 

生後1週間、なんとか生き延びてくれれば、多少の水換えには耐えてくれます。

 

とはいえ、毎日水換えをするのはオススメしません。

 

徐々にカブトエビの動きが悪くなり、衰弱死する様子を見る事になります。

生後1日目

カブトエビ日記シーズン6カブトエビ飼育13日目生後1日目

なんと、新たな生命が誕生しました。

 

毎日、少しずつカブトエビが孵化してきましたね。

 

ここで心配になってくるのは、共食いが発生しやすくなるという事。

 

そこまで大きい飼育スペースではないので、カブトエビ同士が接触しやすいのです。

 

偶然、小さいカブトエビが大きなカブトエビの口元に近寄ってしまうと、ムシャムシャと食べられてしまうでしょう。

 

少しずつ噛みちぎられるので、実際に共食いしている様子を見てしまうとトラウマになります。

 

一気に砕かれないので、食べられているカブトエビもしばらく生きています…絶望で支配されるとは、まさにこの事。

 

この生後1日目のカブトエビは元気に泳いでいるので、捕まりそうになっても脱出できるとは思いますが…少し心配ですね。

とうとう死亡者が出た

カブトエビ日記シーズン6カブトエビ飼育13日目カブトエビ死亡

昨日、水槽仕切り右側の奥で何かに引っかかり、弱っていたカブトエビの様子を見てみましたが…すでに命はありませんでした。

 

ホコリのような物から脱出して、元気に泳ぎ回っている事を願っていたのですが…残念です。

 

この大きさであれば、放置しておいても水質悪化は少ないでしょう。

 

できるなら、他のカブトエビの栄養として、食べてもらう事を希望します。

 

ゴミ箱に捨てるのは、気が進まないので…。

カブトエビ動画

まとめ

カブトエビ誕生6日目。

 

とうとう死亡者が出てしまいました。

 

今まで順調に育ってくれていただけに、ショックです。

 

カブトエビは死亡しやすい生き物。いちいち落ち込んでいては身が持ちません。

 

分かってはいますが、心がついてきません。
※と言いつつも、諦めは悪い

 

さらにもう1匹、動きの悪いカブトエビがいるので、流れは非常に悪いです。

 

ただ、新たな生命も1匹誕生したので、まだ飼育失敗ではありません。

 

なんとしても、カブトエビの累代飼育を成功させるのです。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA