カブトエビ日記

カブトエビの飼育日記シーズン6 15日目|カブトエビ誕生8日目。1番成長していたカブトエビが死亡。生き残りは1匹だけとなりました。

カブトエビ日記シーズン6カブトエビ飼育15日目生後5日目のカブトエビ

カブトエビ誕生8日目。

 

最初に誕生した生後8日目のカブトエビが死亡しました。

 

成長速度が異様に遅いので、嫌な予感がしてましたが…的中する事になるとは…。

 

生後7日以上経過しても、成長できていなければ安心は出来ない、という事を学びました。

 

それでは、今日のカブトエビ日記をご覧ください。

死亡したカブトエビ

生後8日目

カブトエビ日記シーズン6カブトエビ飼育15日目死亡した生後8日目カブトエビ

1番最初に誕生した生後8日目のカブトエビです。

 

生後1周間以上生き残ったので、死ぬことは無いだろうと思いつつも、成長速度が遅いので少し不安でした。

 

しかし、本当に死んでしまうなんて思っておらず、とてもショックです。

 

考えられる原因としては

  • 水質悪化で弱っていた
  • エサが不足していた
  • 酸素が不足していた

この3つです。

 

思えば体の色が白く、フンも全然していませんでした。

 

予兆はあったんですね…これからは、フンをしていなければ、水換えをしてエサを投入した方が良いかもしれません。

生後3日目

カブトエビ日記シーズン6カブトエビ飼育14日目生後2日目カブトエビ

昨日、水槽仕切り右側の水面で動けなくなっていたカブトエビは、今日確認すると死亡していました。

 

残念ですが、諦めるしかありません。

 

水面に浮いている油膜に絡まって、死亡する事故が多発しているので、これからは水面の油膜をこまめに掃除します。

 

エアレーションすれば油膜も防げるのですが、カブトエビが小さいうちは水流を作りたくないので出来ません…。

1匹だけ生き残った生後5日目のカブトエビ

意外と大きい

カブトエビ日記シーズン6カブトエビ飼育15日目生後5日目のカブトエビ

最後の生き残り、生後5日目のカブトエビです。

 

成長速度が早く、今日死亡した生後8日目のカブトエビと、大きさ的にさほど変わりません。

 

いや、成長速度が早いというより、これが正常だと思います。

 

与えた粒状の固形エサも食べていたので、問題なく成長してくれるはず。

 

このカブトエビが死亡したら、またしてもカブトエビ累代飼育失敗…。

 

なんとか、立派なカブトエビに成長してくれる事を祈ります。

赤ちゃんを共食い

カブトエビ日記シーズン6カブトエビ飼育15日目共食いした生後5日目カブトエビの様子

今日、新たにカブトエビが1匹誕生していました。

 

やった!新たなカブトエビが誕生です!といった感じで紹介しようと思ったのですが…いきなり共食いされたのです。

 

共食いをする数分前と、共食いした後の様子を見比べてみたところ、生後5日目カブトエビの体の中が、一部分だけクリーム色なのを発見。

 

 

 

このクリーム色は、カブトエビの赤ちゃんで間違いありません。

 

丸呑みにしかのか、少しずつ砕いて飲み込んだのか…どちらにせよ、喰われました。

 

怖ろしいことですが、自然の摂理として受け入れるしかありませんね。

 

エサは与えていたのに、見向きもせず仲間を喰らうとは…。

 

カブトエビは、かなり獰猛な生き物という事が分かります。

カブトエビ飼育環境を調整

1/10ほど水換え

カブトエビ日記シーズン6カブトエビ飼育15日目水換え

水の濁りは全然ありませんでしたが、すごく分厚い油膜が水面に発生していました。

 

このままだと水中に酸素が溶けないので、カブトエビが酸欠で死亡する可能性があります。

 

なので油膜を取りつつ、全体の1/10ほど水を入れ替えました。

 

前回は水換えのやりすぎでカブトエビを死なせてしまったので、今回は慎重に水換えを行っていきます。

 

これで、カブトエビが元気に成長してくれるはず…。

砕いたエサを与える

カブトエビ日記シーズン6カブトエビ飼育15日目エサに食らいつくカブトエビ

水換えの後、砕いたエサを2粒ほど投入。

 

しかし、あまり食いつきが良くないです。

 

たまに食いついても、すぐに興味を無しますし…。

 

小さく砕く以外に、カブトエビが固形エサに食いついてくれるコツはあるのでしょうか。

 

このままでは、またしてもカブトエビが全滅するかもしれません。

カブトエビ動画

まとめ

カブトエビ誕生8日目。

 

1番成長していた、生後8日目のカブトエビが死亡しました。

 

粒状の固形エサを与えていなかったのが原因ではないかと考えています。

 

あと、水面に大量に発生している油膜を放置したのもダメでした。

 

前回、水換えをしすぎて死亡したので、水換えを恐れすぎたのかもしれません。

 

丁度いい感じに、なかなか出来ない…飼育が下手すぎます。

 

これでは、カブトエビに申し訳がたたない…。

 

たった1匹だけい生き残った、生後5日目のカブトエビには、なんとしても立派に成長してもらいたいです。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA