カブトエビ日記

カブトエビの飼育日記シーズン6 18日目|カブトエビ誕生11(8)日目。本日も生き延び、どんどん大きくなっています。

カブトエビ日記シーズン6カブトエビ飼育18日目インパクトのある口

カブトエビ誕生8日目。

 

泳ぐ姿、食べる姿、足を動かす姿、どの角度から見ても見応えのあるサイズになってきました。

 

このまま、どこまで大きくなるのか楽しみです。

 

まだ立派な姿まで成長させてあげられた事がないので、今度こそ大人のカブトエビに成長させたい…!

 

それでは、本日のカブトエビ日記をご覧ください。

カブトエビの食事の様子

口が強く頑丈になってきた

カブトエビ日記シーズン6カブトエビ飼育18日目インパクトのある口

硬い固形のエサも、真っ二つに砕いて食べられるほど、口が頑丈になってきました。

 

左右に動いている様子もハッキリと分かるようになり、その成長の速さに驚かされます。

 

この段階まで成長してくると、エサを食べる様子を見ていて楽しいですね。

 

こちらが与えたエサをしっかり食べて成長してくれていると思うと、嬉しさがこみ上げてきます。

 

生後まもない時の、エサを食べてるか食べてないか、分からなくて不安になっていた時期が懐かしい。

エサを食べる時間が長くなってきた

カブトエビ日記シーズン6カブトエビ飼育18日目エサを食べる時間が長い

生後4〜6日目までは、エサを与えてもポイっとされる事が多いので、モヤモヤした感じでした。

 

生後8日目ともなると、エサを与えた瞬間にガシィ!っと捕まえてガツガツと食べるので、見ていて気持ちが良いです。

 

エサを食べている時間も長くなって、食欲旺盛な様子を見ていると、こちらまで元気になった気分に。

 

この頑丈な口が、どこまで成長するのか、とても楽しみです。

カブトエビが脱皮する前の様子

高速移動する時がある

カブトエビ日記シーズン6カブトエビ飼育18日目高速移動する

観察をしていると、とんでもない速さに加速して泳ぐときがあります。

 

今までにも、このような動きを見たことがありますが、理由が分かりませんでした。

 

それが今日、やっと分かりました。脱皮する前の動きだったのです。

 

ビュン!っと加速した後、ピタッと急停止、このような動きをしていると、もうすぐ脱皮なんだな、と判断して間違いありません。

お尻を曲げる頻度が多い

カブトエビ日記シーズン6カブトエビ飼育18日目お尻を曲げる

さきほどの急加速、急停止の動きに加え、画像のようなお尻を内側にギュッと曲げる動きしていた場合も、もうすぐ脱皮だという事が分かります。

 

まるでストレッチをしているような動きをしていて、古くなった皮を脱ごうとしているのが伝わってきますね。

 

このあと、カブトエビの体がボヤっと2重に見えてきたかと思うと、体をスピンさせながら一気に脱皮するのです。

 

今回は撮影し損ねたので、過去の脱皮動画を載せておきます。

カブトエビ脱皮直後の様子

足の動きが弱い

カブトエビ日記シーズン6カブトエビ飼育18日目足の動きが弱い

脱皮した直後は、全体的に動きが弱々しくなります。

 

足の動きが悪くなり、移動スピードも落ちてくる…。

 

水槽の壁を泳いでいる際、途中で足の動きが止まって、ひっくり返る事も多々あります。

 

初めて、このような脱皮直後の動きを見た時は、死んでしまうのかと焦りました。

 

3時間も経過すれば、元通り元気な姿を見せてくれると思いますが…正確な時間は分かりません。

 

足が元気よく動いているかどうかで判断しましょう。

体の色が白い

カブトエビ日記シーズン6カブトエビ飼育18日目色が白い

さきほどお伝えした、動きが悪くなる以外に、脱皮直後は体が全体的に白っぽくなります。

 

急にカブトエビの色が白くなった!と思ったら、それは脱皮直後だと見て間違いありません。

 

だんだんと色が元通りになってきて、さらに濃くなっていきます。心配する必要はありません。

 

このように、脱皮して一旦は白くなり、だんだんと色の濃い体に成長していくのです。

 

体の色は、与えるエサによっても変わってくるという噂がありますが…本当かどうかは分かりません。

カブトエビ動画

まとめ

カブトエビ誕生11(8)日目。

 

生後8日目のカブトエビは、たくましくなってきました。

 

泳ぐ姿や餌を食べる姿にも見応えが出てきて、観察が楽しいです。

 

今までの飼育で、カブトエビ飼育最長記録は11日。

 

もうすぐ、その最長記録を抜き去ります。

 

最長記録の時と比べると、少し成長速度が遅いようなので、少し心配になってきました。

↓下のリンクより、最長記録の動画集をご覧頂けます。

 

とはいえ、だんだんと大きくなってきているのも事実であり、大丈夫だろうと思っています。

 

この調子で卵を産んでもらえるようになれば、初の累代飼育に成功するかもしれません。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA