カブトエビ日記

カブトエビの飼育日記シーズン6 28日目|カブトエビ誕生21(18)日目。カブトエビの動きが止まりかけていて、ショックでこちらの心臓まで止まりかけました。

カブトエビ日記シーズン6カブトエビ飼育28日目色が薄いカブトエビ3

カブトエビ生後18日目。

 

水槽内を確認すると、カブトエビの動きが怪しい。

 

足がほとんど動いておらず、体の色も少し薄い気がします。

 

え…?ここまできて、産卵時期前に死なせてしまうのか。

 

いや待て、この状況、前にも似たような事があった。

 

焦らず、様子を見たほうが良さそうです。

 

それでは、本日のカブトエビ日記をご覧ください。

カブトエビの動きが弱々しい

少し動いては止まる

カブトエビ日記シーズン6カブトエビ飼育28日目色が薄いカブトエビ1

さきほどお伝えしたとおり、カブトエビの動きはとても弱々しくなっていました。

 

少し動いては止まり、また動いては止まり、をずっと繰り返しているのです。

 

力なく泳ぎ、動きをピタッと止めている様子を見ると、こちらまで具合が悪くなってきそう…。

カブトエビ日記シーズン6カブトエビ飼育28日目色が薄いカブトエビ2

水槽の底にポトっと落っこちるような動きをするので、本当に心配でたまりません。

 

急激な水質変化を恐れて、水を全然入れ替えなかったのがいけなかったのでしょうか。

 

もうすぐ産卵期だというのに、ここで命尽きるなんてあんまりです。

足が全然動いてない

カブトエビ日記シーズン6カブトエビ飼育28日目色が薄いカブトエビ3

足も全然動いておらず、ピクピクと痙攣したような動きをしています。

 

1秒ほど完全停止する時もあって、こちらの心臓まで止まってしまいそう。

 

今回こそは卵を産んでもらい、累代飼育に成功できると思っていたのに…。

カブトエビ日記シーズン6カブトエビ飼育28日目色が薄いカブトエビ5

動きが止まり、体が少し反っているカブトエビ

 

体が反った体勢は、カブトエビが死亡する時の体勢です。

 

このまま死亡してしまったら…と思うと、胸が張り裂けそうです。

 

今回こそ寿命を全うさせてあげたかったな…という思いがあったのですが、叶わぬ夢なのかも知れません。

体の色も薄い

カブトエビ日記シーズン6カブトエビ飼育28日目色が薄いカブトエビ6

動きが弱々しいカブトエビは、体の色まで薄くなっています。

 

もう、死ぬ直前なのでしょうか…耐えられそうにありません。

 

…体の色が薄い?動きが弱々しい?

 

ここまで来て、ようやく、ある考えに至りました。

 

「こういった状況、今までも経験がある」。

 

そう、「脱皮した直後」の状況にそっくりだったんです。

 

カブトエビの脱皮は毎回命がけであり、失敗は死に直結する大変な作業。

 

脱皮直後は体の色が薄くなり、しかも相当な体力を使用するので動きが極端に悪くなるのです。

 

思い出しました…まだ死ぬと決まったわけではありません。

カブトエビは脱皮していた

大きな抜け殻が転がっていた

カブトエビ日記シーズン6カブトエビ飼育28日目カブトエビの抜け殻1

さきほどの推察どおり、カブトエビの近くには大きく立派な抜け殻が横たわっていました。

 

混乱していたので、全然気づかず…なぜ、このような大きな物に気づかなかったのかと不思議で仕方ありません。

 

抜け殻を良く見ると、ワシャワシャした足の形までハッキリと分かりますね。

 

口元は色が濃く、カブトエビがもう1匹増えたのかと一瞬思ってしまうほど。

カブトエビ日記シーズン6カブトエビ飼育28日目カブトエビの抜け殻2

抜け殻の尻尾あたりを見てみると、なんとフンが詰まっていました。

 

フンをしながら脱皮したとは…とても器用ですね。

 

このフンが邪魔をして脱皮にしなくて良かった…。

弱っていたのは脱皮直後の為

カブトエビ日記シーズン6カブトエビ飼育28日目色が薄いカブトエビ4

カブトエビが極端に弱っていたのは、脱皮直後だということが分かって、本当に安心しました。

 

体の色が薄くなっていて、かつ体の動きが悪ければ脱皮で間違いありません。

 

もし、体の動きが悪いのに、体の色がいつもどおりだったら…もう死はすぐそこに迫っているといえます。

 

そうなると、助ける事はほぼ不可能なので、しっかりと環境を普段よりしっかり整えた方が良いでしょう。
※人のことは言えませんが…

カブトエビは脱皮前より元気になった

数時間後には元気に

カブトエビ日記シーズン6カブトエビ飼育28日目カブトエビの元気が戻った

カブトエビが死ぬと勘違いした数時間後、そこには脱皮前より元気に動いている姿が。

 

脱皮直後だという事は分かっていましたが、あまりの弱り具合に、元気を取り戻すと確信できていませんでした。

 

嬉しいですね、カブトエビは力強く成長したのです。

 

脱皮後という事で、体の体力をかなり使ったと思うので、さっそくエサを与えましょう。

 

たっぷりと食べてもらい、体力を回復してもらうのです。

固形エサを食べまくる

カブトエビ日記シーズン6カブトエビ飼育28日目カブトエビが固形エサを食べる

カブトエビが少し元気を取り戻したところで、エサをたっぷり与える事にしました。

 

まずは粒状のエサです。1粒与えると、ものの数分で平らげてしまったので、追加で投入。

 

すると、また数分で食べ尽くしたので、さらに追加。

 

そうして何粒与えたでしょうか…間違いなく5粒は与えました。

 

説明書には「1日に1、2粒ほど与えて下さい」とあるので、完全に与えすぎでしょう。

 

しかし…カブトエビがすぐに食べてしまうので、楽しくてつい与えすぎてしまうのです…。

水草を常に食べている

カブトエビ日記シーズン6カブトエビ飼育28日目水草を食べるカブトエビ1

たくさん粒上のエサを与えた後は、水草を投入しました。

 

お腹が空いた時にでも食べてくれるだろうと思ったのです。

 

しかし、カブトエビはまだまだ食べ足りなかったようで…。

カブトエビ日記シーズン6カブトエビ飼育28日目水草を食べるカブトエビ2

水草を投入した瞬間に、食いつきました。

 

その後、延々と食べ続けているのです。

 

水槽内はあっという間にフンだらけとなり、水質が悪化してしまいました。

 

昨日に水入れ替えを行ったばかりなので、あと3日は空けたい…。

 

外出する際に水草を入れておけば問題ないと以前にお伝えしたと思いますが、少し考え直したほうが良いかもしれません…。

 

急激な水質悪化で、カブトエビが死亡する可能性があります。

カブトエビの体に変化があった

カブトエビ日記シーズン6カブトエビ飼育28日目袋のような物が出来たカブトエビ

脱皮後のカブトエビの体を良く観察していると、甲羅の付け根?の位置に鱗のような物を発見しました。

 

これはもしや、卵を入れておく袋かもしれません。

 

ついにきた、産卵する瞬間は、すぐそこまで迫っている!

カブトエビ日記シーズン6カブトエビ飼育28日目体が分厚いカブトエビ

やはり、不自然に膨らんだ箇所がありますね。

 

実際に卵を持っている姿を見たことが無いので断定できませんが…。

 

おそらく、この膨らんだ箇所に卵を持つと予想します。

 

パラパラ…と撒くように産卵するのでしょう。

 

楽しみですね、初の累代飼育成功まで…あと少しです。

カブトエビ動画

カブトエビの産卵が楽しみ

カブトエビ日記シーズン6カブトエビ飼育28日目体が分厚いカブトエビ2

カブトエビ生後18日目。

 

脱皮直後のカブトエビを見て死んでしまうのではと勘違いしましたが、そうではありませんでした。

 

元気を取り戻したカブトエビは、脱皮前と比べて元気があり、体の分厚さも増したようです。

 

それだけでなく、足の真ん中あたりに、膨らんだ何かを発見。

 

おそらく、卵を入れておく袋が出現したのだと思います。

 

ついに、産卵の時が迫っているのでしょう!

 

初の累代飼育まで、あと数日かもしれません。

 

カブトエビ飼育を開始して約半年、ようやく卵を産ませてあげられる時が来たのです。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA