カブトエビ日記

カブトエビの飼育日記シーズン6 39日目|カブトエビ誕生32(29)日目。昨日産卵したと思っていたカブトエビは、実は産卵しておらず、本日産卵しました。

カブトエビ日記シーズン6カブトエビ飼育39日目カブトエビアイキャッチ

カブトエビ生後29日目。

 

あと1日で生後30日を迎えますが、弱った様子が全然ありません。

 

この調子で、目指せ100日です。かなりの難易度だと思いますが…。

 

少なくとも、あと1ヶ月は生きてほしいと思っているので、頑張って飼育していきます。

 

それでは、本日のカブトエビ日記をご覧下さい。

カブトエビ水槽の水を交換

カブトエビ日記シーズン6カブトエビ飼育39日目水交換1

2日前に水を交換したばかりですが…。

 

今日は、少し多めの「水交換」を実施しました。

 

というのも、明日から2日間、外出して家を空けるので、お世話ができないのです。

 

なので、少し多めの水草を投入し、固形エサや削り節などを与えられない代わりとする事にしました。

 

常に水草が近くにあるので、カブトエビはモリモリ食べて、ブリブリとフンを出し続けます。

 

そうなると心配なのが「水質悪化」。

 

そこで、少し多めの水交換を実施する事となったのです。

カブトエビ日記シーズン6カブトエビ飼育39日目水交換2

今までで1番多い水の量を交換するので、とても慎重に行いました。

 

新しい水に、たっぷりの飼育水を混ぜ合わせて水質の変化を最小限に抑制。

 

これで、カブトエビが2日間、ブリブリとフンをし続けても大丈夫でしょう。

 

2日後、カブトエビが死んでいない事を祈ります。

カブトエビの様子

産卵するような動きをしていた

カブトエビ日記シーズン6カブトエビ飼育39日目カブトエビ産卵のポーズ

カブトエビの様子を見ていると、鋭い角度で砂を掘るような動作をしていて、とても疑問に思いました。

 

この動きは産卵間近なカブトエビがする動作です。昨日、卵は産んだはずなのに…。

 

気のせいかと思い、しばらく観察を続けましたが、砂掘り動作が全然とまりません。

 

もしかして…と思い、カブトエビの卵袋を確認してみる事にしたのです。

産卵していなかった

カブトエビ日記シーズン6カブトエビ飼育39日目カブトエビが卵を持っていた

さっそく卵袋を確認してみると、なんと卵が持っていたのです!しかも、ほぼ満タン!

 

昨日産卵したはずでは、というのは、ただの思いこみでした。

 

どうやら、卵が無くなっていたのは、まだ卵をチャージしていない側の卵袋を見ていたようです。

 

ここで痛恨のミスに気が付きました。反対側の卵袋を見るのを忘れていたのです。

 

カブトエビは両側の卵袋に卵をチャージしてから産卵するのか、片方だけにチャージして産卵するのか…検証するチャンスだったのに。

 

卵がほぼ満タンにチャージされている、かつ産卵の動作をしていたので、焦って砂場を用意する事しか考えられなかった為に起きたミスです。

 

これからは、しっかりと両側の卵袋を確認しなければいけませんね。
※すばしっこいので難しいのですけどね…

砂場を用意すると数時間後に産卵

カブトエビ日記シーズン6カブトエビ飼育39日目カブトエビ産卵中

カブトエビの動作で産卵間近だと分かったので、急いで産卵用の砂場を用意。

 

砂場の中に入ってくれるまでに長時間かかったので、もしかして砂場以外で産卵してしまうのでは…?と心配でしたが、全然問題ありませんでした。

 

数時間後、無事に産卵成功。カブトエビの体に卵が無い事を確認して、砂場を回収しました。

カブトエビ日記シーズン6カブトエビ飼育39日目カブトエビが産卵した

回収後に砂場を確認すると、キレイなオレンジ色の球体を発見。カブトエビの卵です。

 

この卵は、乾燥すると茶色や白色に変化するので、死んでしまったのではと心配になりますが、安心して下さい。生きていますよ。

 

なぜ、最初は黄色い卵が乾燥後に茶色や白色に変化するかは分かりません。

 

色が孵化率に関係しているのでしょうか。孵化抑制物質なるものが卵に発生するとの噂もあるので、あながち間違いでは無さそう…。

 

この回収した卵達は砂ごと乾燥させた後で、しっかりと数を数える予定です。

カブトエビ動画

カブトエビの寿命はあと1日

カブトエビ日記シーズン6カブトエビ飼育39日目カブトエビの寿命はあと1日

カブトエビ生後29日目。

 

ついに、節目である生後30日到達まであと1日となりました。

 

ちょうど節目の日に2日間も外出する事になるとは…。

 

家に戻ってきた時に万が一、カブトエビが死亡していたら、しばらく更新がストップするかもしれません。

 

もし、全然更新してないな…と思われた場合、察して下さいませ…。

 

そのような事にならないよう、カブトエビには生き延びてくれるよう、願います。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA